sakura_title1.jpg
京都・桜のシーズンにむけ、桜の名所をピックアップ!
(まだアップしていない記事あり)春の京都観光を予定されている方の参考になれば幸いです。


sakura_1.jpg円山公園 祇園しだれ桜
殿堂入り桜の名所ぴかぴか(新しい)
あまりに有名な円山公園の桜。ライトアップされた夜桜は、篝火に煙り、見飽きることのない幽玄な美しさ。必見!記事はこちら

sakura_2.jpg渉成園 枳殻邸(東本願寺別邸)
京都駅から程近い場所に約1万600坪の敷地を有する渉成園。桜並木は庭園のほぼ中央に位置する。桜の枝越しに見る京都タワーもなかなか。 記事はこちら

sakura_3.jpg醍醐寺
世界遺産・醍醐寺ぴかぴか(新しい)
秀吉も愛でた醍醐の桜は豪華絢爛な当時の花見を髣髴させます。地下鉄でアクセスできるようになったのもありがたい。 記事はこちら

sakura_4.jpg平野神社
桜の神社として有名。
さくらグッズもいろいろあります。絵馬も桜のかたち。 記事はこちら


sakura_5.jpg千本釈迦堂
国宝の本堂は応仁の乱でも焼失せず残った京洛最古の建造物。その前に佇む枝垂れ桜。おかめ桜と呼ばれるその由縁は? 記事はこちら


sakura_06.jpg嵐山
日本を代表する景勝地・嵐山。殊に春の桜、秋の紅葉時はいかにも京都らしい風景を求め観光客で賑わいます。 記事はこちら



sakura_7.jpg京都府立植物園
渉成園とともに京都の桜鑑賞地としてはまだ穴場かも。鮮やかなチューリップと淡い薄紅の桜。コントラストは一見の価値あり!?あわせて賀茂川沿いの半木(なからぎ)の道」も。
記事はこちら


sakura_8.jpg六角堂 六角桜
京都のへそ、池坊発祥の地にある洛中の桜。街中散策の途中に。錦市場でお買い物をしたら足をのばして。 記事はこちら

他には、哲学の道、平安神宮+岡崎疎水、松ヶ崎疎水(洛北高校近辺)、京都御所など。
autumn_title1.jpg

私の好きな京都紅葉名所ダイジェストです。
2013年京都紅葉速報はこちら!紅葉ピークは例年通り11月下旬でしょうか?
autumn1.jpg東福寺
殿堂入り紅葉スポットぴかぴか(新しい)渓谷を挟む起伏のある地形と、3つの橋廊がパーフェクトな眺望を作り出す。緋色一色、言葉にならない美しさ。記事はこちら



autumn2.jpg清水寺
世界遺産 清水寺。清水の舞台からライトアップされた境内と見渡す京都市街。夜間特別拝観は近くの高台寺もあわせてオススメ!
記事はこちら



autumn3.jpg真如堂
三重塔を背景に見事な楓が絵になる。吉田山〜真如堂〜金戒光明寺(イチョウが有名)は私のお決まりルート。
記事はこちら



autumn4.jpg大徳寺 高桐院
風情ある石畳、心静かに赤絨毯に座り眺める庭。近くの今宮神社もあわせて参拝。あぶり餅も忘れずに。
記事はこちら



autumn5.jpg詩仙堂
街路樹のイチョウも美しい北白川エリア。手入れの行き届いた庭、鹿おどしの音が心地良く響く。近燐の曼殊院、圓光寺もオススメ。
記事はこちら



autumn6.jpg源光庵
悟りの窓(丸)と迷いの窓(四角)。室内から見る窓のむこうは見飽きることがない。近くの光悦寺や常照寺もオススメ。
記事はこちら



autumn8.jpg光悦寺
本阿弥光悦をはじめ、江戸期を代表するデザイン集団の芸術創造の場。芸術的センスが磨かれるかも。
記事はこちら



autumn9.jpg圓通寺
徳川家康が学校として創建したお寺。秋のライトアップで人気注目度もアップ。モスグリーンを覆う深紅の絨毯が美しい。
記事はこちら



autumn10.jpg曼殊院
周囲の楓の連なりや、遠州好みの枯山水庭園など見所多くあり。鷺森神社の紅葉のトンネルからアクセス!
記事はこちら



ネオ・マエストロ〜世界ブランドを生み出す職人たち

ひらめきBSハイビジョンビジョンスペシャル「ネオ・マエストロ〜世界ブランドを生み出す職人たち」をご覧になりましたでしょうか?
京都好きの方には(私には)、垂涎の番組内容でしたぴかぴか(新しい)


番組内容は
京都屈指の老舗旅館「俵屋」と、俵屋の伝統美を支える職人、職人技の紹介。
番組インデックス↓
・いま日本が発信する技と志
・「世界の情緒あるホテルベスト8」に選ばれた宿
・文豪・川端康成が愛した宿
・究極のくつろぎともてなしの秘密
・時代に合わせて進化する和の伝統


女将の佐藤年さんや、職人さんの言葉一つ一つが、書き留めずにはいられない珠玉の言葉のオンパレード。
ゲストの安藤忠雄さんのコメントにも、感服しっぱなしでした。


多くの職人さんが登場されたのですが、数奇屋大工の中村義明氏は先代とともに、ロックフェラー邸の建設にも携わっています。アメリカの現代建築に、和風建築を見事にマッチさせ、モダンで私の理想とする日本建築の姿がそこにありました。
超一級の職人でも「いつも怖い、100%上手くいくか不安を抱えている」という言葉が印象深かったです。


安藤氏も、マエストロ(職人)は常にネオでなければいけない。
新しいものに挑戦する、ギリギリのところにいると失敗しない。漫然と仕事をしているほうが失敗する。全神経を注ぐから、挑戦しているほうが失敗しない。危険・不安だけれども楽しい、乗り越えた時の楽しさを知っているのがマエストロだ、マエストロは生活の中でも緊張感を持って、五感を研ぎ澄まさなければならない、と。


庭師の方も、その仕事ぶりが世界に注目されています。
手掛ける和風庭園は、老舗旅館から現代建築まで。現代建築もよく見て歩かれるそうです。
芸術家(自分の個性だけ)になったらダメ、職人になりきってもダメ、という言葉が印象的。


俵屋で仕事をする職人さんのなかで、一番興味深く見たのが、洗い屋さん。
俵屋の客室のお風呂のメンテナンスを担当する職人さんです。
壁や浴槽・扉が木材なので、どうしても黒ずみ等の汚れが生じる。しかし洗い屋さんの手にかかれば、今まさに完成したかのような風呂が出現するのです。
汚れは磨く以外に、洗剤も使用されますが、驚いたのが、その洗剤の調合。極力木材を傷めぬよう、漂白剤を舐めて調合するのです。人間の汗や垢で、日本人の食生活が欧米化していることを肌で感じるのだとか。恐れ入ります。


最後に当主・佐藤年さんについて。
この方は黒子に徹し、お客様の前に出ることもないそうです。俵屋のプロデューサー・演出家・アートディレクターをこなすこの方の美意識、相当の教養に感動せずにはいられません。
月次(つきなみ)のしつらいや、旅館内の和花(日本古来の在来種しか用いない)、お布団や石鹸に至る隅々にまで、佐藤さんのセンスが凝縮されています。


伝統美を凝縮した俵屋。しかし単に伝統美を重んじているだけではないのです。
ニューヨークタイムスでポール・ゴールドバーガー(著名な建築批評家)は「俵屋は美術館ではない、単に過去に誘うわけでもない、過去と現在を見事に調和している云々」と述べているそうです。なるほど。


俄然、俵屋に宿泊してみたくなりました。
「杉本家歳中覚の日々 京の町家200年のレシピ」(記事はこちら)も繰り返し、放送されていますので、「ネオ・マエストロ〜世界ブランドを生み出す職人たち」も、きっと再放送されるでしょう。

七味家のあげおじゃが

七味家のあげおじゃが、これオススメです!
こちらも友人からの京土産。
創業350年を誇る京都の老舗・七味家本舗とカルビーのコラボ商品。
七味は江戸・信州・京都が有名処。
ちなみに以前、祇園・原了郭の黒七味をご紹介しました。(黒七味の記事はこちら
話をあげおじゃがに戻して、、お味は、七味あじとゆず一味あじの2種類。
potechi1.jpg
画像は、ゆず一味あじ↓
主張しすぎない柚子の風味とピリッと辛い一味が絶妙。手が止まりません。
七味あじは、山椒が効いています。爽やかな辛味で、こちらもやめられない止まらない〜です。
山椒が不作で、良質のものが手に入らないときは、暖簾をかけない、という心構えでお商売をしているというもの納得です。
potechi2.jpg

お取り寄せできないのが残念。
清水の本店限定の商品なのだそうです。
七味唐辛子は京都市内の有名百貨店他、東京でも入手できます。
取扱い店舗一覧はこちら

林万昌堂 チョコマロン

友人からの京都土産、京の甘栗屋さん・林万昌堂のチョコマロン。
(林万昌堂さんの記事はこちら
パッケージもかわいい栗のカタチ。
chocomaron1.jpg

こだわりの栗(河北栗子)をフリーズドライしたものに、上質のベルギー産チョコがコーティングされています。
チョコの種類は、スイート・ミルク・ホワイト・抹茶があるようで、頂いた「さくら」は期間限定かしらん。
フリーズドライされた栗は、軽〜く面白い食感。サックサクでチョコとの相性がよく、美味しいです。
甘栗は日持ちしませんが、チョコマロンは長期保存可能なので、お土産にうってつけです。
chocomaron2.jpg

打刃物司 菊一文字の糸切り鋏 

お目当てのリバティの生地が安く入手できたので、洋裁の真似事でも始めようかと、、
で、手始めに購入したものが菊一文字(きくいちもんじ)の糸切りバサミ。
何事もカタチから入るものであせあせ(飛び散る汗)
菊一文字は、後鳥羽上皇(院政1198〜1221)の作刃の通称。
その謂れは、後鳥羽上皇の御番鍛冶・刀匠の元祖とも言われる則宗(のりむね)が、作刃に菊のご紋を頂き、その下に横一文字を彫ったことからだそうです。
kikuichimonji1.jpg

高級刃物「菊一文字」の糸切りバサミだけあって、切れ味抜群。
いくつか種類があり、試し切りさせていただきました。
手の馴染みが良く、刃先の丸っこいタイプを購入。
伊藤まさこさんの本「ちくちく針しごと」でも紹介されていました。
母がよく刺し子をしていましたが、このハサミをきっかけに、ちくちく針仕事をしたくなった今日この頃です。宝の持ち腐れにならぬよう。
 


伊勢でも菊一文字を見かけましたが、京都の菊一文字とは無関係とのこと。2泊3日お伊勢参りの旅(菊一文字の記事)はこちら


打刃物司 菊一文字
http://www.kikuichimonji.co.jp/


本店
〒604-8036
京都府京都市中京区河原町三条西入る
TEL:075-221-0077
11:00〜18:30(日曜12:00〜)
木曜定休


東京支店
〒101-0052
   東京都千代田区神田小川町2-1
TEL:03-3292-8511
日曜・祭日休

ヤサカ自動車の四つ葉のクローバータクシー

京都好きを公言しておくものですね〜。
知り合いから、四つ葉のクローバータクシーの乗車記念シールを頂きました!
yasaka.jpg

幸せを運ぶ四つ葉のクローバータクシーとは、、


京都一の台数を誇るヤサカタクシー。京都では9,000台以上のタクシーが走っていますが、そのうち1,200台以上が三つ葉のクローバーマークでおなじみのヤサカタクシー。その中で、たった4台だけ「四つ葉のクローバータクシー」が走っているそうです。


四つ葉のクローバータクシーは流し専門で、予約は不可。
私も未だ一度も見かけたことがありませんもうやだ〜(悲しい顔)
「乗車すると幸せになれるぴかぴか(新しい)」という真偽は、乗車したことがないので何ともいえませんが、良い事があったというエピソードが多く寄せられているとか。
見つけたら、即乗車です!
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。