〔お伊勢参り6〕 「道開き」の神様 猿田彦神社

外宮(豊受大神宮)⇒外宮の別宮・月夜見宮をお参りし、いよいよ内宮(皇大神宮)へ!
その前に、内宮の手前にある「猿田彦神社」へ向かいます。


猿田彦神社のご祭神は猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)。
天孫降臨の際、道案内として伊勢の国からお迎えに来たといわれる「道開き」の神様です。


↓方角を刻んだ八角の石柱「方位石」
方位に関しても全国的に有名な神社だそうです。
sarutahiko1.jpg

境内にはもう一つ、「佐瑠女神社(さるめじんじゃ)」があります。
ご祭神は天宇受売命(あめのうずめのみこと)。
天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸に隠れてしまわれ、世界が暗闇になった時、岩戸の前で舞いを舞って、岩戸を開かせた女神で、芸能の始祖ともいわれる神様です。
そのため、小さなお社にも関わらず、多くの芸能関係者が参拝されるそうです。
sarutahiko2.jpg

猿田彦神社で参拝の際、とても不思議なことが起こりました。
本殿に近づくにつれ、鳥肌が立ち、体中ビビビときたのです。
語彙が貧弱で表現しづらいのですが、、、
本殿から離れると、体中のざわつきが落ち着いてきました。「ビビビときたッ!」と言う私に、半信半疑の夫でしたが、暑い最中の鳥肌に驚いていました。
偶然かと思い、また本殿へ近づくと、同じ現象。
不思議なことがあるものです。
道を切り開くご神徳に、少しでも触れられたような気がしました。


猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)
三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
TEL:0596-22-2554
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105941897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。