〔お伊勢参り7〕 伊勢神宮の門前町・おはらい町

「伊勢にゆきたい、伊勢路が見たい、せめて一生に一度でも」
と歌われ、江戸時代、熱狂的な参拝客を迎えた伊勢の人々。
内宮の門前にある「おはらい町」と、その一郭にある「おかげ横丁」では、伊勢の名物料理や、甘味処、お土産屋さんが軒を連ねます。


猿田彦神社からは歩いて、おはらい町を通り、皇大神宮(内宮)へ向かいます。
風情あるおはらい町↓
oharaicho1.jpg


おはらい町で300年近くお商売を続けている赤福。
伊勢名物の定番中の定番ですね。
江戸〜明治の街並みを再現した「おかげ横丁」は、1993年に赤福によって造られたもの。太っ腹〜
oharaicho2.jpg


銀行や郵便局もレトロ↓建築物観賞をしながら、そぞろ歩くのも楽しい。
oharaicho3.jpg oharaicho4.jpg
朝、しっかり旅館の朝ごはんで腹ごしらえしたので、昼食&おかげ横丁散策は、お参り後にします。
やっぱり、お食事はお参り後じゃないと〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。