〔お伊勢参り12〕 塩羊羹とカエルちゃん

二見浦の防波堤沿いを散策しながら、夫婦岩・二見興玉神社を目指します。
その途中、塩羊羹で有名な和菓子店「五十鈴勢語庵」へ立ち寄りました。
sioyokan1.jpg

勢語庵の塩ようかんに使用されるお塩は、職人さんが丹念に作り上げた「二見岩戸の塩」
町内には、古来から伊勢神宮に納める塩を作る御塩田があり、海水から採取した塩を使った塩ようかんは、二見町の特産品だそうです。
選された上質の小豆に、岩戸の塩を使い、余分な添加物を加えずじっくり練り上げた塩羊羹に期待大!
sioyokan2.jpg

試食させていただき、お土産に即決定!
お塩がほんのりきいていて、スッキリ上品な甘さ。
日本茶はもちろん、コーヒーにも合いそうです。


一口サイズの塩ようかんは、季節により梅や楓など形を変えるそう。
今の季節は何の形ですか?とお伺いしたら、わざわざ商品から一つ取り出して、見せてくれました。
こちらでお買い物をすると、陶器の小さなカエルちゃんのプレゼントを頂けるようです。
カエルは二見興玉神社の縁起物で、吸い込む習性が「幸福を吸い込む」の信仰を生み、また旅行者の「無事帰る」にもかけています。
頂いたカエルちゃんは、出ていった(使った)お金がカエルように、お財布に入れています(笑)
sioyokan3.jpg

日本茶・コーヒーばかりではく、焼酎、日本酒とも良くあうとのこと。
早速、帰宅後、旅の余韻に浸りつつ、コーヒーとともに頂きました。
sioyokan4.jpg

塩羊羹を購入の後は、賓日館へ向かいます!


手作り和菓子の勢語庵(五十鈴勢語庵)
http://www.hp-hcs.net/~seigoan/index.html

三重県伊勢市二見町茶屋大字江569-35
TEL:0596-42-1212
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。