東福寺 必見! 紅葉の海に浮かぶ寺

「東福寺の紅葉を見ずして、京都の紅葉を語るなかれ」


京都には、紅葉の名所が100箇所もあると言われています。
中でも東福寺は、No.1と言っても過言ではありません!!
安藤広重の「通天橋之紅楓」図にも描かれています。


渓谷を挟む起伏のある地形と、3つの橋廊がパーフェクトな眺望を作り出します。
緋色一色、紅葉の海は、言葉にならない美しさです。


tofukuji1.jpg tofukuji2.jpg

東福寺の境内、渓谷一体を覆う2000本の紅葉。
実は、600年前は桜の木もあったそうです。
しかし「桜を愛するあまり、多くの桜の木を植えれば、後世かならず遊興の場となる」とすべて伐採したそうです。
「春より秋を選んだお寺です」とはCMのコピー。


橋廊から見下ろしたら、地上に戻り見上げる紅葉。
tofukuji3.jpg tofukuji4.jpg

夫よ、紅葉を見上げて何を思うのか、、
tofukuji5.jpg

東福寺エリアには、京焼の窯元が多くあり、散策も楽しいです。
また、近くには楊貴妃観音像(観音堂前の紅葉が美しい)が有名な泉涌寺(せんにゅうじ)、来迎院、今熊野観音寺もあります。
どちらの寺院も、穴場的な紅葉スポット。


少し足を伸ばすと、伏見稲荷神社も。
伏見稲荷へは、京阪電車で東福寺から2駅目の「伏見稲荷」で下車。


あっあと、11月中は混雑が予想されるので、通常9:00〜⇒8:30〜に変更になります。私はちょっと早起きして、朝一番で行くことが多いです。
澄んだ空気、凛とした雰囲気の中で、紅葉を愛でる。
今年もそうしよう!


東福寺(とうふくじ)
http://www.tofukuji.jp/


京都市東山区本町15−778
MAP
TEL:075-561-0087
9:00〜16:00(11月中は8:30〜)


JR奈良線、または京阪電車で「東福寺」下車。徒歩10分。
JR京都駅から市バス208系統で「東福寺」下車。徒歩10分。
この記事へのコメント
何て見事な紅葉!すばらしい〜。
それにしても完璧なレポートお見事です。
京都に行く時はこれを印刷して製本してガイドブックとして持っていきます。
って言うかガイドしてちょーだい!
Posted by Pepito
pepitoさんへ

はい、喜んで!
Posted by hal
はじめまして。12月3日に日帰り京都を企画してる者です。
見事な紅葉ですね〜〜。すごいっ。
これは今年のお写真ですか?
今でこれだけ素敵ならば12月はもう無理かもしれませんね・・・
Posted by あやか
★あやかさんへ
コメントありがとうございます!
ブログの画像は、、、東福寺はほぼ毎年行っているので、いつのだったかな?
ゴメンナサイ、これからはよく整理しておきます。
東福寺の見頃は11月中〜下旬ですが、12月3日でしたら、まだ大丈夫ですよ!
Posted by hal
はじめまして、「今日は何の日?徒然日記」のindoor-mamaです。
いいですね〜東福寺・・・ただ、やはり有名なだけあって人の数もハンパなくすごくて・・・ゆっくり紅葉を満喫するなら今熊野観音寺と来迎院ですね〜時間を忘れるくらいのんびりできます。

ところで、相互リンクお申し出ありがとうございます。
早速こちらからもリンクさせていただきました〜。
また、遊びに来てくださ〜い!

では、では、・・・
Posted by indoor-mama
★indoor-mamaさん
リンクの件、ありがとうございます。
「今日は何の日?徒然日記」は本当に面白いです。
歴史は好きだけど、最近活字離れが著しい私には、ありがたいブログです。感謝!

Posted by hal
いや〜、見事な紅葉ですね!!
東福寺はすこし遠いので、行こうか迷っていたのですが、絶対に足を運びたいと思います。
情報も詳細で、大変参考になります。
私もこのようなブログ、目指したいと思います!
Posted by yenen
★yenyenさん
いつも楽しくブログを拝見しております。
>私もこのようなブログ、目指したいと思います!
恐縮です、、こちらこそまだまだ知らない京都を教えていただいていますよ〜
東福寺は紅葉時はもちろん、新緑の頃もオススメです。
Posted by hal
はああーーーー
素敵すぎて思わずためいきが。笑
今年は絶対に行こうと思っていたのですが
やはり仕事で行けず。。涙
でもhalさんのおかげで秋の京都のあの空気が鮮明に蘇ってきました。
ありがとうございます♪
Posted by スキマ
★スキマさん
お仕事お疲れ様です。
>halさんのおかげで秋の京都のあの空気が鮮明に蘇ってきました。ありがとうございます♪
そう言っていただけるとブログを続けてきた甲斐がありとっても嬉しいです!
更新はチマチマしていますが、また遊びに来て下さい。
Posted by hal
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 泉涌寺山号 = 東山(とうざん)、泉山(せんざん)|宗派 = 真言宗泉涌寺派総本山|本尊 = 釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来|創建年 = 伝・斉衡3年(856年)|開基 = 伝・神修上人|正式名 = ..
Weblog: 京都探索どっとこむ
Tracked: 2007-07-29 04:13
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。