世界遺産 清水寺 秋の夜間特別拝観

京都の秋は、寺社の夜間特別拝観も楽しみ。一番人気は清水寺&高台寺コースではないでしょうか。
漆黒の闇に浮かび上がる寺社の勇壮な姿、彩るカエデを益々真紅に染めるスポットライトは、行き交う人々の表情まで、紅く染めるかのようで、本当に「みなうつくしき」です。
kiyomizu1.jpg

開始時間は夕方6:30からですが、あっという間に長蛇の列。
私はいつも拝観時間の30分くらい前から並びます。
ライトアップされているとはいえ、このエリアはとくに上り下り、坂が多くありますので、お酒を召し上がった後、千鳥足で拝観されることのなきよう、お気をつけ下さいね。(そんな人はいないか)
kiyomizu2.jpg kiyomizu3.jpg

防寒対策もお忘れなく!!
私は京都旅行用にオバシャツ新調しました。他には花王の「蒸気温熱パワーシート」はカイロにかわり、昨年からの必需品!

行列してまで待つことが大嫌いな私ですが、この幻想的な光景は簡単に見られるものではありません。おとなしく並びます。

京都の東に位置する清水寺では、平成12年より四神相応に基づき青龍会(せいりゅうえ)が行われています。
風水では、四方(東西南北)を司る神と、その神にふさわしい地相があるとされており、東を司る神が「青龍」です。
京都伝統工芸の技が結集された青龍会の青龍・装束は、ワダエミさんがデザインを担当されました。
ワダエミさんと言えば、和田勉氏の奥様という衝撃的事実はおいといて、世界が認める京都出身の舞台・映画衣装デザイナーです。
手掛けた作品は「乱」(黒澤明監督 アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞)
「宗家の三姉妹」「枕草子」「御法度」「HERO−英雄」など。ワダさんが青龍会の青龍・装束以外にもデザインされているもう一つの清水寺アイテム。それがお守り。
京紫と鉄紺色が混ざったようなテキスタイルに、ゴールドの文字。鮮やかなオレンジの紐が映えます。
¥1,500也。ちょっとお高め。
普段は、お寺ではお守りを買わないのですが(神社で買う)、思わず購入してしまいました。

清水寺
http://www.kiyomizudera.or.jp/index.html
↑清水寺 春・秋の夜の特別拝観は、公式ホームページで事前にご確認下さい。

京都市東山区清水1
TEL:075-551-1234
6:00〜18:00
拝観料 一般¥300 中学生以下¥200

市バス「東山五条」or「清水道」下車。徒歩10分。
※二年坂・産寧坂・清水坂を上って行くなら「清水道」で下車。
茶わん坂を上って行くなら「清水道」で下車。
この記事へのコメント
こんにちは!
京都の紅葉いいですね〜!!
私も今度の連休に嵐山、東山を散策する予定です♪♪
halさんのブログ写真がとてもキレイですね☆
Posted by chie
★chieさん
コメントありがとうございます。

>私も今度の連休に嵐山、東山を散策する予定です♪♪
予報では紅葉のピーク時期ですね!羨ましいです。
Posted by hal
 こんにちわ! 夜の紅葉、良いですね。 デートコースに良いかも! 清水寺は昼間にしか行った事がなかったので、機会があれば行って見たいとおもいます。 でも、寒そう。
Posted by 火の用心2
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27305566
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。