世界遺産 龍安寺 ミニマルアート禅の名石庭

世界遺産 龍安寺。私の中では5本の指に入る好きなお寺です。
あまりに有名な謎多き石庭のほか、水戸光圀寄進の蹲(つくばい)、緑豊かな鏡容池(きょうようち)庭園の散策、秀吉絡みの逸話、、
禅の世界、ミニマルワールドに触れると、とにかく心がスッキリするのです。私の場合。

ryoanji1.jpg

龍安寺は1450年(宝徳2)徳大寺家山荘を譲り受けた細川勝元が、禅寺に改め開山したのが始り。応仁の乱、寛政9年(1797年)の出火で大半が焼失し、現在の方丈は塔頭・西源院を移築したもの。

ryoanji2.jpg
ryoanji5.jpg
ryoanji3.jpg
水戸の黄門様が本を借りたお礼に寄進した「吾唯足知(われただたるをしる)」と刻んだつくばい(真ん中の手水部分を口の字に見立てる)。 足るを知るものは貧しくても豊か、足ることを知らないものは金持ちでも貧しいという教え、禅の精神。
このつくばいをデザインした栓抜きなどオリジナルグッズも必見。
画像のつくばい、実はレプリカ。本物は非公開だそうです。

ryoanji4.jpg

石庭の代名詞、方丈前庭の枯山水庭園(史跡・特別名勝)は白砂に大小15の石を配し(15は仏教で完全無欠、凡人には15個数えられない?)、虎が子を連れて川を渡る様に見えることから「虎の子渡しの庭」ともいわれています。
作者不明など大きな4つの謎(刻印の謎、作庭の謎、遠近の謎、土塀の謎)を秘めており、本当に感慨深い名石庭。でも難しく考えず、訪れた時々で好きなように観賞しましょう。

ryoanji7.jpg


龍安寺(りょうあんじ)
http://www.ryoanji.jp/

京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町
MAP
TEL:075-463-2216
8:00〜17:00(12〜2月は8:00〜16:30)
拝観料 ¥500
京福電車龍安寺駅から徒歩7分


この記事へのコメント
うーーん、素敵ですー。こういうところで一人のんびりとたたずみたいわ〜。紅葉の時期は人がわんさか来るから、それまでか、そのあとに行こうかな〜。
Posted by ばおばぶ
☆ばおばぶさん
お寺さんのオススメは冬、雪のない日の朝だそうです。混雑している時は避けたいですね。
Posted by hal
龍安寺はもう何度もお参りしましたが、最近はご無沙汰してます。
有名な石庭もさることながら、あの蹲、味がありますよね。
あの文字の意味を知ったとき、座禅の警策でピシリと打たれたような気がしました。
今でもあれをみると、「そうそう…」と…。
Posted by がんさん@大和の国
こんにちは!

度々訪問してますがいつも面白いブログっすね!


毎回参考になります!!

よかったら僕のブログにも遊びに来
て下さいね。

応援ポチっと
http://ameblo.jp/kisekinosarariman
Posted by 月収300万円男
☆がんさん
蹲型の栓抜きを買っておけば良かったと後悔。あの文字を時々眺めては反省、、

☆月収300万男さん
300万!まだお若いのに、、
参考になっていますかf(^^;
応援ポチありがとうございます!
Posted by hal
僕んちにも 枯山水の庭ありますので、オークションで最近 この蹲のreplica落札して、設置します。
Posted by 座光寺 宗雄
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。