詩仙堂 武将文人の風雅な山荘

詩仙堂は丈山寺という曹洞宗のお寺。もとは江戸初期の文人、煎茶の開祖である石川丈山が造営し、90歳まで隠棲した山荘跡です。
入り口はこんな感じ↓竹林に囲まれた参道が清々しい。
sisendo1.jpg sisendo2.jpg
庭園は5月はサツキ、6月は紫陽花、秋には紅葉の名所として有名。白砂、丸いフォルムの緑、秋風にそよぐ紅葉のコントラストは、午前中に出掛けて心静かに堪能したいもの。
sisendo3.jpg

丈山は徳川家康の家臣で(大坂夏の陣で軍法違反を問われ文人に)、小堀遠州と並ぶ作庭家としても知られました。風雅な暮らしを送った山荘の一室に、狩野探幽に描かせた中国の詩仙三十六人の肖像と詩があることから、詩仙堂と呼ばれるようになったそうです。鹿おどしは丈山が発案者と伝えられています。
sisendo4.jpg sisendo5.jpg
天高く、私肥ゆる秋、、
sisendo6.jpg

隅々まで手入れされた庭園。四季それぞれに美しい花が咲く。
sisendo7.jpg sisendo8.jpg
sisendo9.jpg

sisendo10.jpg

sisendo11.jpg

sisendo12.jpg詩仙堂の門前名物といえば双鳩堂茶店の鳩もち。詩仙堂前の坂道の途中にある小さなお店。しっとり甘い鳩型のお餅が人気です。その手前(白川通り入ってすぐ)、同じく参道沿いにある一乗寺中谷もオススメ。中谷の人気商品でっちようかんや豆乳プリンが入ったパフェやモンブランなど和洋折衷のお菓子を頂くことができます。

詩仙堂(しせんどう)
京都府京都市左京区一乗寺門口町27
MAP
TEL:075-781-2954
9:00〜17:00(受付16:45)
拝観料 ¥500
市バス「一乗寺下り松町」下車徒歩5分
この記事へのコメント
私どもは、3月の末にここに行きました。
紅葉の時期は、また本当によいものですね。
さっと通り過ぎたので、気がつきませんでしたが、庭がこんなに広くて石庭もあるんですね。
次回はもっとゆっくりと見に行こうと思います。
では、また。
Posted by 雄平
★雄平さん
コメントありがとうございます。
春の詩仙堂はいかがでしたでしょうか?
私は京都のなかでも詩仙堂のある白川エリアが好きなのですが、特に秋は周辺にも見所が多くありオススメです。
Posted by hal
ちょくちょく顔を出させていただいてます。
他の京都版ブログと違い、さっぱりしている所がええですねえ、
まる秘的穴場のお店紹介ありでGoodです!
どこにもある京都案内よりも、こちらのしつこくなく
まさしく、「はんなりで、ぼちぼち行きまひょ」的
しかも、センスも若いですねえ、他ではあまりないですね。
グルメチェックしつつ更新楽しみにしてます。いつか行く日のため。
Posted by にゃん太郎
★にゃん太郎さん
コメントありがとうございます。
京都を旅行される方の参考になれば、と思ってブログを続けているので、このようなコメント嬉しいです!
京都在住ではないので、こまめに更新はできないのですが、旅行者として、また8年京都に暮らした生活者の視点で色々な記事を紹介できればいいなぁと思っています。
Posted by hal
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29553411
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。