圓光寺 家康が作った学問所の紅葉

曼殊院から圓光寺、詩仙堂へ。
manshuin_takeda.jpg

林の小道を抜け、武田薬品薬草園(非公開)傍の小道をてくてく歩きます。
takedayakuhin2.jpg takedayakuhin1.jpg

牧歌的な風景。圓光寺は通りから少し高いところにあるので、北山・鷹峯方面の山々が見渡せます。
enkoji0.jpg

徳川家康が教学(それぞれの宗教宗派の立場から、自らの宗教を研究する学問)の発展を図るために設立した学校がはじまり。
家康より送られた当時の木製活字を数多く保存、重要文化財に指定されています。東京国立博物館(上野)で行われた大徳川展で木製活字を見ましたが、当時の出版技術に驚嘆!
enkoji1.jpg

入口からすぐのところにある襖絵「四季草花図」でまず目の保養。
enkoji2.jpg

十牛の庭(石が十頭の牛を表す)は緑苔上に一面の紅葉。
あえて散紅葉。紅葉ピークを少し外して出掛けても、ハッとする風景に出会えます。
enkoji4.jpg

洛北最古の池、栖龍池(せいりゅうち)
誰もいない、シャッターチャンスだ!ぐるっと池を一周してハイ!オッパッピー♪(我ながらおバカすぎる、、)
enkoji7.jpg

境内には澄んだ音を響かせる水琴窟も。
竹と楓のコラボ。この景色からは感じるのは公家ではなく武家文化。
enkoji6.jpg
圓光寺(えんこうじ)
京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
MAP
TEL:075-781-8025
9:00〜16:30
拝観料¥400
叡山電鉄一乗寺駅→徒歩15分
またはJR京都駅→市バス5系統で41分、バス停「一乗寺下り松町」下車、徒歩10分
この記事へのコメント
ごぶさたしまくっちゃってます!
こちらの紅葉もすばらしいですね♪
やっぱりまっかっかがいいなぁ…。

ご主人の盛り上がりっぷりがかわいらしいわぁ。

武田薬品の植物園が、かなり気になる…。
Posted by shiolly
こんばんわ!
京都の紅葉いろいろ行ってらっしゃいますね!
圓光寺や光悦寺は行ってみたいところです♪
わりと散り紅葉になっていますがいつ頃の
撮影ですか?もう遅いかもしれませんが最
後にどこかに紅葉見に行きたいです〜
Posted by satop
紅葉きれい!!ですね。紅葉の絨毯っていいですよね〜。毎年どこかには紅葉を見に行くのですが、今年は引越しやらで見に行けてません(>_<)涙。。。
Posted by Bigmam
★shiollyさん
武田薬品の薬草園は私も気になります。
公開してくれるといいですね。

★satopさん
この画像は12月初旬(去年)だったと思います。
いつも少しピークを外して行くので。
洛北は早く色づくので早め(11月中)に出掛けた方がいいですね。

★Bigmamさん
お引越しですか。お忙しいですね!
昨日のランチはラーメンにしました(笑)
Posted by hal
はじめまして
武田薬品の植物園、懐かしいですね。実はウン十年前の学生時代に、この直ぐ下のところに住んでいました。
だいぶ前に行ったときの関連記事をTBさせていただきました。

(追伸)
ポチッとクリックさせてもらいました
Posted by 風竜胆
halさん!!!
今年はあきらめていたのに
急遽、いけたんですよ!京都!
(と興奮気味な書き込みですみません。笑)
叡電ぶらり旅をしたので圓光寺、行こうか迷ったのですが
時間がなくてあきらめたんです。
竹と紅葉のコラボ、すごいですね!!やっぱり行けばよかった。。
Posted by スキマ
★風竜胆さん
ポチありがとうございます。

★スキマさん
私まで興奮(笑)
叡電ぶらりですと北はどこまで行ったのかな?スキマさんのブログチェックですね!
Posted by hal
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29553569
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

京都へ行ってきた7(圓光寺)
Excerpt:  曼殊院を出ると、次は詩仙堂方面に向かう。昔はよく通った道だ。今でも田園風景が結構残っている。途中の田んぼにこんな看板を見つけた。「電気柵の注意看板」「いいのか?」 人のよく通る道に面した場所である。..
Weblog: 読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)
Tracked: 2007-12-09 19:37
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。