ハリウッド☆スターとの遭遇

京都で私がハリウッドスター☆と遭遇したお話。
京都の学生時代に遡ります。これはちょっとした事件でした!!
でもあまり人に話していません。
だって誰も信じてくれないから。

でも本当にあの日、私は目撃したのです。。。

学生時代、銀閣寺近くのアパートに住んでいました。
合格発表が3月19日だったため、入学式まで日取りがなく、手続きやら、引越しの準備、住まい探しと、忙しかったのを覚えています。
本当に忙しかったのは両親なんですけど。

京都は学生の街、しかし3月下旬の不動産屋には、良い条件の物件はすでになく、残っているのは学生には不釣合いなマンションか、安アパートが3件くらいでした。
しかも、どこも大学から遠い、、、

数少ない選択肢の中、銀閣寺近くのアパートに決めました。
大家さん(老夫婦)がお隣りに住んでおり、女子専用のこざっぱりしたアパートでした。(消去法で、そこしかなかった。)

不動産屋さんに連れられて、アパートを見たとき
「げっ、もう少し、おしゃれなマンションに住みたいよ〜」と半泣きでした。でも贅沢は言えない状況。
父は「まっ一年は我慢して」と言ってくれましたが、このアパートが思いのほか居心地が良かったのです。

そのアパートには、とっても個性豊かな学生が住んでいました。
そして、みんなオモロ賢かった。。。
「女の華は30過ぎよ!」と豪語し、ダブルスクールに通う京大生。
「子供が大好きやから、絶対小児科の先生になるねん」と言う府立医大生。
看護師から藝大生になった、らも好きのお姉さんetc...

話を戻します。

京都での一人暮らしにも慣れ、バイトもはじめ、それなりに学生生活を満喫。
京都という土地柄、あちらこちらで芸能人を見かけることも。
生粋の京都育ちの友人に話すと
「滅多に見ぃひん」と言います。
でも、"halも歩けば芸能人にあたる”というくらい、よく見かけました。
仲の良い友達には
「その能力、もったいないなぁ、活かす仕事って何やろなぁ」と言われてました。

6月のある日、バイトに出かけようと、自転車で銀閣寺参道を走っていると、 前方から、黒のスーツにサングラスをした二人の大男が歩いてきます。
遠目にも、黒人と白人だとわかりました。
まるでMen in Blackそのもの。
(白人はトミー・リー・ジョーンズより、ずっと若かったけど)

カッコイイ〜&コワっ&この非日常的な風景は何?!
(すれ違う数秒の間に、いろんな感情が入り乱れました)

その2人のいでたちと、周辺景色との違和感。
冷静に考えると、ちょっと滑稽でもあり、とっても気になりましたが、責任感の強い私は、バイトに遅刻するのが嫌だったので、自転車のスピードを落とさず、緩やかな坂道を急ぎました。

と、次に私の目に飛び込んできた光景。。。。

MIBの後方5メートル。
うわぁっ!ちっさい顔。
そしてめっちゃ端正な顔立ち!
両手をポケットに入れて、フラフラ歩く男の子。
今のキレイな顔は、誰?
halのデータベースはフル稼働
そして
「うぁっリバー・フェニックスだ!!!!」

バイト先の喫茶店に、遅刻ギリギリで滑り込み、マスターにむかって
hal   「いっいっ今、リバー・フェニックスとすれ違ったぁ!!
     絶対に本物!
     だって、絵に描いたような、ごっついSPもいたし。」

マスター 「そんなわけ、ないやろ。」

常連さん 「ふーん、お忍びかいな」

hal   「(えっそれだけ)・・・・。
      ホントにホントですってば!!」

喫茶店は、マスターとバイトである私の二人で切り盛り。
しかも観光地近くなので、忙しい時は、アホみたいに忙しい。
ゆえに、そんなミラクルな遭遇は、反応薄で、あっという間に、忙殺と忘却の彼方へと追い遣られていったのです。

もちろん、後悔しましたよ。
バイトに遅刻してでも、SPに殴られてでも(あっそれはマズい)、サイン、いや握手だけでもしとけば良かったって。
でも、当時は特別ファンでもなかったですし、まさか、数年後に亡くなるなんて、思いもしませんでしたから。


先日の京都旅行で、東山連峰が見渡せるエース・カフェに行きました。
置いてあった雑誌(CUT)に、リバー・フェニックスの特集記事がありました。

それで久々に、ふと思い出したのです。

リバー・フェニックスが存命なら、ブラピも、レオ様も霞んで見える、そう思えるほど、雑誌の中のリバーは、独特のオーラを放っていました。
将来を約束された稀有な俳優だっただけに、23歳の若さで逝ってしまったことが残念でなりません。


本当にリバーだったのか、これまで敢えて調べようとしませんでしたが、あらためて来日記録を検索してみました。

2度、来日しています。
87年4月と、91年あの6月に!

もし、本当にリバーだったら、、、
銀閣寺ってシブい。(金閣寺も見たのだろうなぁ)
そして銀閣寺関係者は、リバーよりMIBにびっくりしたかもしれませんね。
この記事へのコメント
私も銀閣寺付近は今でもよく散策します。哲学の道はトレーニングでよく走りました。わたしのブログに叡電や京福も載せました。ご来訪下さい。ランキングバナーも押しておきましたよ。
Posted by 京都ふらり鉄道散歩
★京都ふらり鉄道散歩人さん
コメント&ランキングポチありがとうございます!京都ふらり鉄道散歩人さんのブログ遊びに行きますね。
実は私、鉄道&地図好きなんです。
タモリ倶楽部で取り上げる時は、欠かさず見ます。あっ鉄道にはしゃぐタモさんや原田芳雄さんを見るのが好きなのかも。。。
Posted by hal
相互リンクこちらこそよろしくお願いします。伏見稲荷は中学の写生大会でいきました。最近行ってないなあ。
遠くから友人がきたらよく円山公園に並んでいる湯豆腐屋に連れて行きます。昼なら湯豆腐(鶏肉や白菜入りご飯つきで3000円程度)、夕なら鶏の水だきや牛しゃぶ(4000〜6000円)。風情があってそれほど高くないから喜ばれます。今日もポちっとしておきます。
Posted by 京都ふらり鉄道散歩
京都ふらり鉄道散歩人さん>
早速リンクさせて頂きました。
伏見稲荷は、記事にも追記したのですが、ちょっと怖い?思い出があって、住んでいた頃は、わざわざ行きませんでした。(会社の人はかかさず行ってましたけど)
京都駅より南はあまり行く機会もなく。
淀競馬場(beginner's luckだったと記憶)は行ったことあるんですけど。。。
湯豆腐情報ありがとうございます!
次回行ってみようと思います!!
Posted by hal
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。