柳桜園茶舗 お抹茶はじめはコチラから!

創業明治8年、京都市役所近くに、宇治茶、殊にお抹茶を専門とする「柳桜園茶舗」があります。
三千家ご用達であります。


ryuouen1.jpg

ryuouen_banner.jpg柳楼園茶舗のある二条界隈には、これまでご紹介した一保堂茶舗やイレモンヤがあります。
梶井基次郎の小説「檸檬」の果物屋八百卯(やおう)など、祇園とはまた別の京情緒豊かなエリアで、お気に入りです。


店内の木製ショーケースには裏千家、表千家好みの抹茶が並んでおり、お買い物するだけで、背筋がピンとする様。
風味が変わりやすい抹茶は、丁寧に石臼で挽いて、挽きたてを供するこだわりです。


「二人暮らしのお取り寄せ」(角川書店)では、「御代の昔」というお抹茶が紹介されています。私はこの本を参考に、柳桜園でお抹茶を購入しました。


この本は、だいぶ前に出版されたものですが、今では大人気の京都「ミディ・アプレミディ」のフロール(ロールケーキ)も紹介されており、なかなか使えるお気に入り本です!


book_futari_ryuouen.jpg

ちなみに著者は、作家・秋元康夫人の秋元麻巳子さん。(元おニャン子クラブの高井麻巳子さん、と言っても今は知らない人が多い?)
イラストも手掛けていらっしゃるのですが、そのイラストの腕前に驚きました。この本を手に取った時、まずは巻末のイラストレーターをチェックしたくらいですから。
(「二人暮らしのお取り寄せ」をAmazon楽天ブックスでチェック!)


「御代の昔」はお濃茶用のお抹茶ですが、口当たり良く、まろやか。
お抹茶の苦いイメージを払拭してくれることでしょう。
どうしてもダメなら、イチゴにまぶしたり、天塩に混ぜたり、また、夏はアイスクリームにドロリとしたお濃茶をかけても美味、と本にはありました。


お抹茶が主体の柳楼園ですが、私がとりわけ気に入っているお茶があります。
人気商品でもある、雁がねほうじ茶の「香悦」です。
その名の通り、香り豊かで深い味わい。
鳥獣戯画の茶缶も、買い物心をくすぐります。
湯呑みセットは高山寺で購入したもの(高山寺の記事はこちら)


ryuouen2.jpg

鳥獣戯画デザインをコレクションしていますので、柳楼園の紙袋まで取ってあります^^)ゞ

ryuouen3.jpg


お茶飲みの私は、ほうじ茶は「柳楼園の香悦」か「丸八製茶場の棒茶」と決めております。どちらも自信を持ってオススメするほうじ茶です!!
普段は高島屋でまとめ買い。
高島屋オンラインショップでは、商品検索→ほうじ茶で検索して下さい。

高島屋

柳桜園茶舗(りゅうおうえんちゃほ)

京都府京都市中京区二条通御幸町西入ル丁子屋町690
TEL:075-231-3693
9:00〜18:00
日曜・祝日休

御代の昔 30g缶 ¥2,100
京風味かりがねほうじ茶「香悦」 小缶(100g)¥1,000 中缶(200g)¥1,900

地下鉄東西線「京都市役所前駅」下車徒歩5分


この記事へのコメント
お茶はお土産にいいですよね。千代紙貼った缶に入ったのをよく持っていきますよ。ここにも今度行ってみます。私は通販でここ5年ほど「木谷製茶」のを買っています。ここのを飲むと他のは飲めないです。ネットでも見れますよ。po!
Posted by 京都ふらり
☆京都ふらりさん
木谷製茶ですね。早速チェックします!
お茶好きなので、お茶情報、ありがたいです。ありがとうございます♪
小さい頃から、おばあちゃんと一緒に、お漬物食べながら、お茶をするのが好きでした。
Posted by hal
そっか、halさんにとって、加賀棒茶とならぶお茶なんですねー。私も、鳥獣戯画の包み紙が欲しくて、そのうち立ち寄ろうと思っているんですが、まだ行けてません。今度こそ!
Posted by ばおばぶ
★ばおばぶさん
そうですね。最近は加賀棒茶ばかり飲んでいますが〜。
姉妹ブログとして「くるり金沢」を作ろうと思って数ヶ月、、コールドパーマもそのうち登場します*^B^*
Posted by hal
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。