醍醐寺 秀吉が愛でた桜「醍醐の花見」

標高約450mの笠取山とその裾野に広がる世界遺産「醍醐寺」
地下鉄東西線ができ、アクセスしやすくなりました。

山頂から中腹までを「上醍醐」、五重塔、三宝院が建つ平地を「下醍醐」と呼びます。

daigoji1.jpg daigoji2.jpg


醍醐寺といえば「醍醐の桜」。
豊臣秀吉が身内や側近らと豪華絢爛な花見のため、畿内から700本もの桜を植えさせました。

醍醐寺の本坊的な存在である三宝院には、桜尽くしの襖絵があり、庭園は国の特別史跡・特別名勝に指定されております。
秀吉が自ら設計した庭としても有名。

三宝院入ってすぐ右手には小ぶりのクローン桜。
daigoji3.jpg


右手には、三宝院の見事なしだれ桜がお出迎え。見上げる桜も美しく。
daigoji4.jpg daigoji6.jpg daigoji5.jpg


daigoji7.jpg三宝院の隣、霊宝館にも巨大なしだれ桜があります。
桜を満喫するなら、三宝院と霊宝院の拝観で十分。
共通券2枚つづり(¥1,000)で 三宝院、伽藍、霊宝館のいずれか2施設の拝観が可能です。

霊宝院前にある松。見事な枝ぶり。
daigoji8.jpg

霊宝院の奥にしだれ桜がチラリと見えますが、まずは所蔵品の見学から。
霊宝院には国宝10点、重文50点を含む約70点が展示され、見ごたえたっぷりです。
daigoji9.jpg


カルティエ展の際、植樹された桜。
daigoji10.jpg

カルティエ桜(勝手に命名)のお隣の桜もなかなか。
daigoji11.jpg

待ってました、霊宝館のしだれ桜。
daigoji12.jpg

上醍醐まで散策したいのですが、ちょっとした山登り(って言うか結構ハード)になりますので、また今度。

醍醐寺(だいごじ)
http://www.daigoji.or.jp/

京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
MAP
TEL:075-571-0002
9:00〜17:00(3〜12月第1日曜日まで)
9:00〜16:00(12月第1日曜日の翌日〜2月末まで)
※閉門時間30分前で受付終了

地下鉄東西線醍醐駅から1番出口から徒歩10分
この記事へのコメント
こんばんわ!
早速来させていただきました!
すごく見事に満開ですね!!
昨年は三宝院や霊宝館も入ったんですが、
今年は上醍醐まで登ったおかげでヘトヘト
になってしまって帰っちゃいました。。
見ればよかったな〜

京都のこと詳しく書かれていますね!
お気に入りに入れさせていただきました♪
Posted by satop
★satopさん
コメント&リンクありがとうございます!
上醍醐まで登られたのですね。
私は今回もギッシリ予定の詰まった京都旅行だったので、断念しました〜。
今後とも宜しくお願いします♪
Posted by hal
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37784415
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 醍醐寺山号 = 醍醐山、深雪山(上醍醐寺)|宗派 = 真言宗醍醐派総本山|本尊 = 薬師如来(重要文化財)|創建年 = 貞観 (日本)|貞観16年(874年)|開基 = 聖宝|正式名 = |別称 = ..
Weblog: 京都探索どっとこむ
Tracked: 2007-07-29 09:11
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。