千本釈迦堂 良妻おかめを偲ぶ「阿亀桜」

千本釈迦堂、正式名称は「大報恩寺」。
貞久3年(1221年)に義空上人が本尊の釈迦如来像を安置し開山。

京洛最古の建造物である本堂は、安貞元年(1227年)に創建。
応仁の乱で焼失することなく、創建時の姿をとどめ、国宝に指定されています。

shakadou1.jpg

堂内には本尊釈迦如来坐像(行快)や十六弟子像10体(快慶)、六観音菩薩像(定慶)他、鎌倉時代の重要文化財が多数あります。

senbon_shakadou2.jpg12月の諸病封じ「大根焚き」は有名で、多くの人で賑わいます。

本堂にむかって一礼して、おかめ桜に走っていく女の子。
お行儀良いです。

おかめ桜は、千本釈迦堂建立時の棟梁・長井飛騨守高次の妻、阿亀を偲びその名がつけられました。

おかめ桜の所以、それは―
―棟梁は4本しかない親柱を1本短く切ってしまう失敗をする。
それを聞いた妻阿亀の助言で窮地を脱するも、「妻に助けられたと皆に知られては恥」と思い悩む。
夫の立場を慮った阿亀は、その秘密を誰にも知られまいと自ら命を絶つ―。

この切ないお話を知った上で、見上げる枝垂れ桜は、ゆらゆら優しくゆれて、まるで阿亀の化身のようです。

shakadou2.jpg


大報恩寺(だいほうおんじ)/千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう)

京都府京都市上京区今出川七本松上ル
MAP
9:00〜17:00
TEL:075-461-5973

JR「京都駅」からバス約25分「上七軒」下車、徒歩3分
この記事へのコメント
いろんな桜、お載せになってますね。私も山科疏水や岡崎、嵯峨野など行きました。カメラ持って町中めぐるなんて生まれてはじめてのことです。ブログっておもしろいですね。p!
Posted by 京都ふらり
★京都ふらりさん
山科疎水は行ったことがありません。
京都ふらりさんのブログで拝見させて頂きます。
大きな写真でいつも楽しみです♪
Posted by hal
今日京都に行き、阿亀櫻を見てきました。
満開でした!! 千本釈迦堂は何度か仏像を見に行きましたが、桜は初めてでした。
本当に京都らしい美しい、かつ儚い感じの枝垂れ桜です。
Posted by coo
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38096102
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【京・桜08】千本釈迦堂 阿亀桜
Excerpt: 以前は近所に住んでいたので気軽に通っていたのですが、最近はちょっと足が遠くなって...
Weblog: VR Podcast - 普段着の京都の360°風景をあなたのiPodの中に
Tracked: 2008-04-06 00:03
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。