光悦寺 江戸時代最高芸術家の住まい

光悦寺は、江戸時代きっての文化人・本阿弥光悦が1615年(元和元)に徳川家康から鷹峯の地を与えられ、一族や多くの工芸職人と芸術村を営み、本阿弥家の先祖供養のため位牌堂をもうけたのがはじまり。光悦没後、その住まいが寺に改められました。
生垣に囲まれた敷石の参道から趣があります。
koetuji1.jpg

アップダウンのある境内には7つの茶室が点在。住んでいたら足腰鍛えられそう。
koetuji2.jpg

茶室・太虚庵(たいきょあん)を囲む竹垣は、「光悦垣」と呼ばれる太い竹を斜めに組んだ独特のもの。
koetuji3.jpg

楓が多く植えられており、言わずと知れた紅葉の名所。
koetuji4.jpg

散り際の白椿。紅葉の中で増す美しさ。
koetuji6.jpg

広い境内をより広く感じさせる鷹峯三山(鷹ヶ峰、鷲ヶ峰、天ヶ峰)の眺望。
光悦率いるデザイン集団もこの景色を眺めていたのか。
koetuji5.jpg


光悦寺(こうえつじ)
京都府京都市北区鷹峯光悦町29
MAP
TEL:075-491-1399
8:00〜17:00
拝観料¥300
11月10〜13日休

京都市営地下鉄北大路駅→市バス北1系統で15分、バス停「鷹峯源光庵前」下車、徒歩3分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。