高瀬川と一之舩入 柳に桜

京都の繁華街を鴨川と平行して流れる高瀬川。
木屋町通二条下ル付近から鴨川と分流しする人口川で、伏見の京橋で宇治川に合流。
安土桃山・江戸初期の豪商、角倉了以(すみのくらりょうい)が1611年に開削。京都〜大阪間の物資輸送を盛んにしました。
森鴎外の歴史小説「高瀬舟」の舞台としても有名。


↓三条小橋(木屋町三条)からの眺め。右側にチラッと写っているコンクリートの建物は安藤忠雄氏が設計した商業施設TIME'S
京はやしや月餅屋直正六曜社などが近くにあります。
takase1.jpg

TIME'Sから高瀬川沿い(木屋町通り)を北へ行くと、「一之船入」があります。
京都ホテルオークラや日本銀行京都支店の裏手辺りです。
船入とは貨物の積卸をする船溜所のことで、起点の木屋町二条を「一之船入」といいました。江戸時代の貴重な交通運輸の遺構として国の史跡に指定。高瀬舟が復元されています。
takase2.jpg

高瀬川といえば柳のイメージですが、桜の名所でもあります。
木屋町界隈は歓楽街だからあえて名所として紹介されていないのかな。
よく目にする景色なので、当たり前になっているのかも。
贅沢なことですね。


木屋町通三条から四条の間の桜はきれいなのですがちょっと騒がしい場所なので、ゆっくり夜桜を見るには一之船入あたりを散策するのが良いと思います。この道を通ったということは、川端二条の夢屋へ向かう途中かな〜
takase3.jpg
この記事へのコメント
halさんのくるりブログ。
なんなのだ、このドキドキ感。
いても立ってもいられない、
急遽、仕事、予定をキャンセルして、
京都の桜が見たい。
まさに、木屋町の高瀬川に咲く桜、
人生で初めて感動した京都の桜はここでした。
そして京都の桜は一味も二味も違いました。
ただ、ここ京都の桜は人間様込みのさくらですね。
Posted by nyanta2030
ご無沙汰しています。
いよいよ桜のシーズンが間近になってきましたね。
halさんの桜写真を見てだんだんと気分が高揚してきました。
そして、高瀬川の桜、夜はライトアップされているのですね。
確かに盲点です。
ただ、賑やか過ぎるので夜桜見物には向いていないのかも知れませんね。
Posted by deco
■■最強アクセスアップツ−ル■■
>>>>アクセスゲート<<<<

誰でも簡単!アクセスアップ!
http://acgt.jp/

ブログ・HP・プロフ
メルマガ等で登録可能です!

是非、無料登録をお願いします。
突然の書込み失礼致しました。
Posted by アクセスゲート
☆nyanta2030さん
嬉しいコメントありがとうございます!
ドキドキは桜の魔力?何かしら不思議なパワーがあるように思いますね。

☆decoさん
京都の桜の名所はあげるとキリがないのですが、街のアチラコチラで観賞できる環境が羨ましく、京都の魅力の一つだと思います。
Posted by hal
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。