ネオ・マエストロ〜世界ブランドを生み出す職人たち

ひらめきBSハイビジョンビジョンスペシャル「ネオ・マエストロ〜世界ブランドを生み出す職人たち」をご覧になりましたでしょうか?
京都好きの方には(私には)、垂涎の番組内容でしたぴかぴか(新しい)


番組内容は
京都屈指の老舗旅館「俵屋」と、俵屋の伝統美を支える職人、職人技の紹介。
番組インデックス↓
・いま日本が発信する技と志
・「世界の情緒あるホテルベスト8」に選ばれた宿
・文豪・川端康成が愛した宿
・究極のくつろぎともてなしの秘密
・時代に合わせて進化する和の伝統


女将の佐藤年さんや、職人さんの言葉一つ一つが、書き留めずにはいられない珠玉の言葉のオンパレード。
ゲストの安藤忠雄さんのコメントにも、感服しっぱなしでした。


多くの職人さんが登場されたのですが、数奇屋大工の中村義明氏は先代とともに、ロックフェラー邸の建設にも携わっています。アメリカの現代建築に、和風建築を見事にマッチさせ、モダンで私の理想とする日本建築の姿がそこにありました。
超一級の職人でも「いつも怖い、100%上手くいくか不安を抱えている」という言葉が印象深かったです。


安藤氏も、マエストロ(職人)は常にネオでなければいけない。
新しいものに挑戦する、ギリギリのところにいると失敗しない。漫然と仕事をしているほうが失敗する。全神経を注ぐから、挑戦しているほうが失敗しない。危険・不安だけれども楽しい、乗り越えた時の楽しさを知っているのがマエストロだ、マエストロは生活の中でも緊張感を持って、五感を研ぎ澄まさなければならない、と。


庭師の方も、その仕事ぶりが世界に注目されています。
手掛ける和風庭園は、老舗旅館から現代建築まで。現代建築もよく見て歩かれるそうです。
芸術家(自分の個性だけ)になったらダメ、職人になりきってもダメ、という言葉が印象的。


俵屋で仕事をする職人さんのなかで、一番興味深く見たのが、洗い屋さん。
俵屋の客室のお風呂のメンテナンスを担当する職人さんです。
壁や浴槽・扉が木材なので、どうしても黒ずみ等の汚れが生じる。しかし洗い屋さんの手にかかれば、今まさに完成したかのような風呂が出現するのです。
汚れは磨く以外に、洗剤も使用されますが、驚いたのが、その洗剤の調合。極力木材を傷めぬよう、漂白剤を舐めて調合するのです。人間の汗や垢で、日本人の食生活が欧米化していることを肌で感じるのだとか。恐れ入ります。


最後に当主・佐藤年さんについて。
この方は黒子に徹し、お客様の前に出ることもないそうです。俵屋のプロデューサー・演出家・アートディレクターをこなすこの方の美意識、相当の教養に感動せずにはいられません。
月次(つきなみ)のしつらいや、旅館内の和花(日本古来の在来種しか用いない)、お布団や石鹸に至る隅々にまで、佐藤さんのセンスが凝縮されています。


伝統美を凝縮した俵屋。しかし単に伝統美を重んじているだけではないのです。
ニューヨークタイムスでポール・ゴールドバーガー(著名な建築批評家)は「俵屋は美術館ではない、単に過去に誘うわけでもない、過去と現在を見事に調和している云々」と述べているそうです。なるほど。


俄然、俵屋に宿泊してみたくなりました。
「杉本家歳中覚の日々 京の町家200年のレシピ」(記事はこちら)も繰り返し、放送されていますので、「ネオ・マエストロ〜世界ブランドを生み出す職人たち」も、きっと再放送されるでしょう。

最新技術というおもてなし、N700系

小さい頃から、乗り物酔いの激しい乗り物好きです。
京都旅行の写真を眺めていると、乗り物、特に新幹線の画像が多い、、しかも同じアングルばかり。

東京駅。先頭車両まで走って撮影。夫はとっとと乗車してます。
sta_tokyo2.jpg

新横浜駅。品川駅編もあったはず。
sta_yoko.jpg

先日、丸ビル38Fから激写!たぶんN700系だと思うのですが。
sta_tokyo3.jpg

鉄子の素質あり?

杉本家歳中覚の日々 京の町家200年のレシピ

ひらめきお知らせです。
「杉本家歳中覚の日々 京の町家200年のレシピ」が放送されます!

京都、綾小路通新町の角を左折すると、京都市指定有形文化財の杉本家大邸宅があります。
杉本家は呉服商で、屋号は「奈良屋」。(お商売は昭和まで)
築140年近い、京都でも最大規模の町屋、杉本家。

京都通を目指す私としては見学を切望するところですが、一般公開はしておりません。
しかし、見学する方法はあります!
それは、、
こちらのホームページをご覧下さい!⇒財団法人杉本家保存会

その杉本家代々家人が書き続けてきた暮らしの覚え書き「歳中覚(さいちゅうおぼ)」についての番組。
言わば、京の暮らしのバイブル。
Don't miss it!
NHK番組ホームページはこちら

ハリウッド☆スターとの遭遇

京都で私がハリウッドスター☆と遭遇したお話。
京都の学生時代に遡ります。これはちょっとした事件でした!!
でもあまり人に話していません。
だって誰も信じてくれないから。

でも本当にあの日、私は目撃したのです。。。

学生時代、銀閣寺近くのアパートに住んでいました。
合格発表が3月19日だったため、入学式まで日取りがなく、手続きやら、引越しの準備、住まい探しと、忙しかったのを覚えています。
本当に忙しかったのは両親なんですけど。

京都は学生の街、しかし3月下旬の不動産屋には、良い条件の物件はすでになく、残っているのは学生には不釣合いなマンションか、安アパートが3件くらいでした。
しかも、どこも大学から遠い、、、

数少ない選択肢の中、銀閣寺近くのアパートに決めました。
大家さん(老夫婦)がお隣りに住んでおり、女子専用のこざっぱりしたアパートでした。(消去法で、そこしかなかった。)

不動産屋さんに連れられて、アパートを見たとき
「げっ、もう少し、おしゃれなマンションに住みたいよ〜」と半泣きでした。でも贅沢は言えない状況。
父は「まっ一年は我慢して」と言ってくれましたが、このアパートが思いのほか居心地が良かったのです。

そのアパートには、とっても個性豊かな学生が住んでいました。
そして、みんなオモロ賢かった。。。
「女の華は30過ぎよ!」と豪語し、ダブルスクールに通う京大生。
「子供が大好きやから、絶対小児科の先生になるねん」と言う府立医大生。
看護師から藝大生になった、らも好きのお姉さんetc...

話を戻します。

京都での一人暮らしにも慣れ、バイトもはじめ、それなりに学生生活を満喫。
京都という土地柄、あちらこちらで芸能人を見かけることも。
生粋の京都育ちの友人に話すと
「滅多に見ぃひん」と言います。
でも、"halも歩けば芸能人にあたる”というくらい、よく見かけました。
仲の良い友達には
「その能力、もったいないなぁ、活かす仕事って何やろなぁ」と言われてました。

6月のある日、バイトに出かけようと、自転車で銀閣寺参道を走っていると、 前方から、黒のスーツにサングラスをした二人の大男が歩いてきます。
遠目にも、黒人と白人だとわかりました。
まるでMen in Blackそのもの。
(白人はトミー・リー・ジョーンズより、ずっと若かったけど)

カッコイイ〜&コワっ&この非日常的な風景は何?!
(すれ違う数秒の間に、いろんな感情が入り乱れました)

その2人のいでたちと、周辺景色との違和感。
冷静に考えると、ちょっと滑稽でもあり、とっても気になりましたが、責任感の強い私は、バイトに遅刻するのが嫌だったので、自転車のスピードを落とさず、緩やかな坂道を急ぎました。

と、次に私の目に飛び込んできた光景。。。。

MIBの後方5メートル。
うわぁっ!ちっさい顔。
そしてめっちゃ端正な顔立ち!
両手をポケットに入れて、フラフラ歩く男の子。
今のキレイな顔は、誰?
halのデータベースはフル稼働
そして
「うぁっリバー・フェニックスだ!!!!」

バイト先の喫茶店に、遅刻ギリギリで滑り込み、マスターにむかって
hal   「いっいっ今、リバー・フェニックスとすれ違ったぁ!!
     絶対に本物!
     だって、絵に描いたような、ごっついSPもいたし。」

マスター 「そんなわけ、ないやろ。」

常連さん 「ふーん、お忍びかいな」

hal   「(えっそれだけ)・・・・。
      ホントにホントですってば!!」

喫茶店は、マスターとバイトである私の二人で切り盛り。
しかも観光地近くなので、忙しい時は、アホみたいに忙しい。
ゆえに、そんなミラクルな遭遇は、反応薄で、あっという間に、忙殺と忘却の彼方へと追い遣られていったのです。

もちろん、後悔しましたよ。
バイトに遅刻してでも、SPに殴られてでも(あっそれはマズい)、サイン、いや握手だけでもしとけば良かったって。
でも、当時は特別ファンでもなかったですし、まさか、数年後に亡くなるなんて、思いもしませんでしたから。


先日の京都旅行で、東山連峰が見渡せるエース・カフェに行きました。
置いてあった雑誌(CUT)に、リバー・フェニックスの特集記事がありました。

それで久々に、ふと思い出したのです。

リバー・フェニックスが存命なら、ブラピも、レオ様も霞んで見える、そう思えるほど、雑誌の中のリバーは、独特のオーラを放っていました。
将来を約束された稀有な俳優だっただけに、23歳の若さで逝ってしまったことが残念でなりません。


本当にリバーだったのか、これまで敢えて調べようとしませんでしたが、あらためて来日記録を検索してみました。

2度、来日しています。
87年4月と、91年あの6月に!

もし、本当にリバーだったら、、、
銀閣寺ってシブい。(金閣寺も見たのだろうなぁ)
そして銀閣寺関係者は、リバーよりMIBにびっくりしたかもしれませんね。

さすがのタクシードライバーも、、

京都の友人から聞いたばかりの話を一つ。
ネタではありません。

友人が上賀茂神社へお参りに行くと、その日は偶然、古内東子さんのライブ当日だった。
幕で囲まれた中でリハーサルが行われ、音だけが漏れ聴こえてきくる。

そんな中、聞いたある会話 ----------------

観光客を案内中のタクシーの運転手さんが巫女さんに
運転手 「これは誰?」
巫女さん「古内東子さんです」
運転手 「ふる?フルーツ・トーコさん?」
運転手 「(観光客にむかって)なんやフルーツ・トーコさんらしいですわ」
観光客のおばちゃん「フルーツさん?日本の人?」
(^u^)プププ
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。