かづら清老舗 宮内庁御用達 久邇(くに)香水

八坂神社の参道にあたる、祇園商店街。


四条大橋を渡り、四条通りを八坂神社に向かって歩く。
祇園商店街の散策は、京情緒たっぷりで楽しいです。


またこの通りは、舞妓さん芸妓さん御用達の、乙女心をくすぐるお店が軒を連ねます。以前ご紹介した豊田愛山堂もあります。


創業百四十有余年の「かづら清老舗」もその一つ。
様々な和装品や小物類に加え、オリジナルの化粧品類も販売しています。
kazu0.jpg kazu1.jpg

かづら清で取り扱う商品の中に、知る人ぞ知る逸品があります。
名香、久邇(くに)香水です。


この香水は、香淳皇后(昭和皇太后陛下)の兄、久邇宮朝隔王(くにのみや あさあきらおう)がご創作され、旧宮家の方々を中心に、愛用されたもの。
「一流シリーズ・皇室御用達日本の特選品」(日本交通公社(現JTB)刊)でも紹介されている香水です。


久邇宮(くにのみや)は、旧宮家。
戦後、宮家は三宮家(秩父宮、高松宮、三笠宮)だけを残し、他11の宮家 は、GHQによって臣籍降下(皇族の身分を離れること)されました。
旧宮家(竹田家)の末裔の方が本を出版され、話題になりましたね。
kazu3.jpg kazu2.jpg

かづら清では、バラとジャスミン2種類の久邇香水があります。
ジャスミンも捨てがたいのですが、私は王道の(?)バラをチョイスしました。


バラの香水と聞くと、ゴージャスで芳醇な香りを想像しますが、久邇香水の バラは楚々として、例えていうと、バラ石鹸のような香りです。
こだわりの天然香料だけあって、ほっとする香りでもあります。
クラシカルなボトルも素敵でしょ。
このような由緒正しい香水をプレゼントされたら、、、嬉しい!


お店の方は、かづら清と宮内庁でしか扱っていない、と言っておられましたが、宮内庁に売店でもあるのかしら、、聞き間違えですね、きっと。
※宮内庁売店で販売していると教えていただきました。詳しくはコメント欄をご覧下さい。

かづら清老舗(かづらせい)
http://www.kazurasei.co.jp/toppage.html

京都府京都市東山区四条通祇園町北側285
MAP
TEL:075-561-0672
9:30〜19:00
水曜休(年末年始・お盆は営業)

久邇(くに)香水 ミニボトル バラ/ジャスミン 10cc入 ¥2,625

ぴょんぴょん堂 手摺りの京和紙

ぴょんぴょん堂は、京和紙細工のお店。
ご祝儀袋やポチ袋、懐紙、和紙マットなど、日頃手にしなくなった和紙本来の良さを伝える作品が目を引きます。

昔ながらの手法である木版手摺りの美しい絵柄に、伝統の技を感じます。
特に花名刺は、舞妓さん、芸妓さんにはもちろん、一般の女性からも注文が後を絶たないとか。私も作ってみたいと思いますが、配るあてがないか、、

紙類のデザインは、家庭内DTPで、市販のものと遜色なく作れる時代。
だからこそ、ぴょんぴょん堂の和紙細工に独特の華やかさ、温かみを感じるのかもしれません。
pyon_1.jpg
年末になると、都内の百貨店でぴょんぴょん堂の催事を見かけることがあります。職人さんが、シャッシャッと、手摺りで和紙に柄を付けています。
今年は懐紙と和紙マットを購入。
和紙マットはお正月に折敷がわりに使ってみました。
pyon_2.jpg
懐紙は、折って、ポチ袋のように使うこともできます。
ハレの日はもちろん、普段使いにも利用したい京の逸品です。

ぴょんぴょん堂
http://www.pam-city.com/pyonpyon/index.html

京都府京都市中京区寺町通錦小路下ル東大文字町310
京極1番街ビル1F
TEL:075-231-0704
11:00〜20:00
無休

花名刺(100枚) ¥3000〜  型抜紙(小) ¥530

豊田愛山堂 花や蝶の匂い袋

八坂神社の参道でもある、祇園商店街。
四条大橋を渡り、四条通りを八坂神社に向かって、祇園商店街をそぞろ歩くと、京情緒ある街並みが、そこかしこに見えてきます。
南座(12月の吉例顔見世興行を見に行きたい!)、朱壁の一力茶屋(大石内蔵助が豪遊したことで有名、スピルバーグの撮影オファーを断ったと言うウワサ)、花見小路etc、、

四条大橋から望む鴨川、南座、よーじや四条店
kamogawa1.jpg

minamiza1.jpg yojiya1.jpg

その祇園商店街にある豊田愛山堂(とよだあいざんどう)は、浄土宗総本山、知恩院御用達のお香の老舗です。
知恩院御用達ということもあり、お線香はもとより、心和む香りグッズが多く揃っています。
toyoda1.jpg

なかでも手作りの香袋は、花や蝶のモチーフが乙女心をくすぐるアイテム♪
私は蝶の香袋を購入しました。
蝶の形をした正絹京染製の袋の中には、「紅乙女」というお香が和紙に包まれて入っています。香りは約1年持つそうで、中身はグラム単位で販売されています。(中身だけの販売なので、和紙に包むなどは自分でしなければなりません)
toyoda2.jpg

さっそく香袋をヘビロテのバッグや自作のバスケットにつけてみました。
(バスケットのブログはこちら)
toyoda3.jpg toyoda4.jpg
やさしく香る蝶のチャーム。なかなか素敵でしょ?

豊田愛山堂(とよだあいさんどう)
京都府京都市東山区四条通花見小路東入ル
MAP
TEL:075-551-2221
9:00〜18:30
水曜休

正絹京染製 香袋胡蝶大¥1,365 小¥1,050

田丸印房 京都的おもしろスタンプ

新京極にある田丸印房は、延暦寺に石碑を寄進したこともある印鑑屋さんです。(新京極店と寺町店)
tamaru1.jpg tamaru2.jpg
京都ならではのオリジナルスタンプが、勢揃い!
tamaru3.jpg tamaru4.jpg

清水寺や金閣寺、蹴鞠をする公家、風神雷神、千鳥、桜や星、雲、波模様、悪代官などなど。挙げたらキリがありませんが、私のツボにはまるスタンプばかり。センス◎、ほかでは探しても見つからない、おもしろスタンプです。
店内には、これらのスタンプを組み合わせた、芸術的なカードが並んでいますのでご参考に。
tamaru6.jpg tamaru5.jpg

購入したスタンプの一部。私の田丸印房スタンプコレクションはまだ増えそうです。
tamaru7.jpg


田丸印房(たまるいんぼう)新京極店
http://www.tamaru-inbou.com/

京都府京都市中京区新京極通錦角
MAP
TEL:075-221-2496
10:00〜20:00
木曜休

谷口松韻堂 清水焼入門&干支の盃

清水焼といえば、修学旅行で、母のお土産に購入したコーヒーカップを思い出します。小ぶりで、チューリップのようなカップデザイン。 藍色でカップのふちにかけて色が淡くなる。
我ながら良いセレクトと思いましたし、母もとても喜んでくれました。

それから何年もたって、マイ清水焼を購入。
干支の動物が描かれた大盃です。紅型を彷彿する柄の箱までお気に入り。
taniguti2.jpg

三年坂にある清水焼専門のお店「谷口松韻堂」で購入しました。
江戸時代から続く老舗です。
干支の盃は縁起が良いことでも知られる名品なのです。
taniguti3.jpg

私の大好きな鳥獣戯画の絵付けがされた器も、作家さん違いで多数ありました。モチーフは同じでもそれぞれに個性があります。
taniguti1.jpg

「(絵付けの)線のやわらかいのんは、女性の作家さんですわ」とお店のご主人。清水焼について質問したところ、丁寧に色々とお話をして下さいました。
お店の方との会話は、良い旅の思い出になりますので、積極的にお話ししてみましょう!
私は盃を買った際、消費税をオマケしていただきました。
甘味処かさぎ屋さんでは、こちらの器を使用されているそうです。



松韻堂 楽天市場店はこちら




京都の器や 夕庵(清水焼・京焼)
谷口松韻堂さんの商品が購入できるサイトです!



谷口松韻堂(たにぐちしょういんどう)
http://syoindo.noblog.net/

京都府京都市東山区清水3三年坂下
TEL:075-561-8520
9:00〜18:00
無休

干支大盃¥2,800
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。