sakura_title1.jpg
京都・桜のシーズンにむけ、桜の名所をピックアップ!
(まだアップしていない記事あり)春の京都観光を予定されている方の参考になれば幸いです。


sakura_1.jpg円山公園 祇園しだれ桜
殿堂入り桜の名所ぴかぴか(新しい)
あまりに有名な円山公園の桜。ライトアップされた夜桜は、篝火に煙り、見飽きることのない幽玄な美しさ。必見!記事はこちら

sakura_2.jpg渉成園 枳殻邸(東本願寺別邸)
京都駅から程近い場所に約1万600坪の敷地を有する渉成園。桜並木は庭園のほぼ中央に位置する。桜の枝越しに見る京都タワーもなかなか。 記事はこちら

sakura_3.jpg醍醐寺
世界遺産・醍醐寺ぴかぴか(新しい)
秀吉も愛でた醍醐の桜は豪華絢爛な当時の花見を髣髴させます。地下鉄でアクセスできるようになったのもありがたい。 記事はこちら

sakura_4.jpg平野神社
桜の神社として有名。
さくらグッズもいろいろあります。絵馬も桜のかたち。 記事はこちら


sakura_5.jpg千本釈迦堂
国宝の本堂は応仁の乱でも焼失せず残った京洛最古の建造物。その前に佇む枝垂れ桜。おかめ桜と呼ばれるその由縁は? 記事はこちら


sakura_06.jpg嵐山
日本を代表する景勝地・嵐山。殊に春の桜、秋の紅葉時はいかにも京都らしい風景を求め観光客で賑わいます。 記事はこちら



sakura_7.jpg京都府立植物園
渉成園とともに京都の桜鑑賞地としてはまだ穴場かも。鮮やかなチューリップと淡い薄紅の桜。コントラストは一見の価値あり!?あわせて賀茂川沿いの半木(なからぎ)の道」も。
記事はこちら


sakura_8.jpg六角堂 六角桜
京都のへそ、池坊発祥の地にある洛中の桜。街中散策の途中に。錦市場でお買い物をしたら足をのばして。 記事はこちら

他には、哲学の道、平安神宮+岡崎疎水、松ヶ崎疎水(洛北高校近辺)、京都御所など。
autumn_title1.jpg

私の好きな京都紅葉名所ダイジェストです。
2013年京都紅葉速報はこちら!紅葉ピークは例年通り11月下旬でしょうか?
autumn1.jpg東福寺
殿堂入り紅葉スポットぴかぴか(新しい)渓谷を挟む起伏のある地形と、3つの橋廊がパーフェクトな眺望を作り出す。緋色一色、言葉にならない美しさ。記事はこちら



autumn2.jpg清水寺
世界遺産 清水寺。清水の舞台からライトアップされた境内と見渡す京都市街。夜間特別拝観は近くの高台寺もあわせてオススメ!
記事はこちら



autumn3.jpg真如堂
三重塔を背景に見事な楓が絵になる。吉田山〜真如堂〜金戒光明寺(イチョウが有名)は私のお決まりルート。
記事はこちら



autumn4.jpg大徳寺 高桐院
風情ある石畳、心静かに赤絨毯に座り眺める庭。近くの今宮神社もあわせて参拝。あぶり餅も忘れずに。
記事はこちら



autumn5.jpg詩仙堂
街路樹のイチョウも美しい北白川エリア。手入れの行き届いた庭、鹿おどしの音が心地良く響く。近燐の曼殊院、圓光寺もオススメ。
記事はこちら



autumn6.jpg源光庵
悟りの窓(丸)と迷いの窓(四角)。室内から見る窓のむこうは見飽きることがない。近くの光悦寺や常照寺もオススメ。
記事はこちら



autumn8.jpg光悦寺
本阿弥光悦をはじめ、江戸期を代表するデザイン集団の芸術創造の場。芸術的センスが磨かれるかも。
記事はこちら



autumn9.jpg圓通寺
徳川家康が学校として創建したお寺。秋のライトアップで人気注目度もアップ。モスグリーンを覆う深紅の絨毯が美しい。
記事はこちら



autumn10.jpg曼殊院
周囲の楓の連なりや、遠州好みの枯山水庭園など見所多くあり。鷺森神社の紅葉のトンネルからアクセス!
記事はこちら



竹笹堂 いくつも欲しくなる木版モダンアート

明治24年創業の老舗、竹中木版。
木版印刷業として摺師の家系を守り、四代目当主・竹中清八氏は平成15年に「現代の名工」を受賞、平成17年には「黄綬褒章」を授与されています。


木版画司「竹笹堂」は、五代目・竹中健司氏が木版の新しい可能性を探りつつ、匠の技を生かした木版作品を販売するお店。
木版画は、江戸時代より絵師・彫師・摺師の三者の分業により制作され、今に受け継がれているそうです。
何となく木版=浮世絵=江戸文化のイメージでしたが、京都にも木版の老舗がありました〜
takezasa1.jpg

木版のデザインは、和風モチーフながらモダンで、色使いが繊細かつ鮮やか。
ハガキ、ブックカバー、栞、ポチ袋など、あれもこれもと目移りします。
takezasa2.jpg

takezasa3.jpg

購入したものはこちら。
しろつめ草の鼠色の文庫本カバーと、桃色の栞。
グレーとピンクは好きな色の組合せの一つ。
takezasa4.jpg

鮮やかな竹の文庫本カバーと、水色のブックカバー。
水色のブックカバーは、ハードカバーサイズです。在庫が無かったようで「すぐに摺ってきます」と、お店で摺りたてのものを頂きました。
どれも和紙の温かみを感じる素敵な作品で、お気に入りです。
使う予定がなくても、つい購入してしまう袋物。隈取のポチ袋を追加購入しました。
takezasa5.jpg



木版司 竹笹堂
http://www.takezasa.co.jp/

京都市下京区綾小路通西洞院東入新釜座町737

〔お伊勢参り14〕 二見興玉神社&夫婦岩&トド!

二見興玉神社、到着!
futamiokitama1.jpg

古来、伊勢神宮の参拝者は、参拝前に二見浦で禊を行うのが慣わしだったそうです。
futamiokitama2.jpg

夫婦岩が見えてきました!
futamiokitama3.jpg

夫婦岩は、沖合約700m先の興玉神石で、日の大神を拝する鳥居の役目をしているそうです。
夫婦岩は、岩の間からの日の出の風景が、特に有名ですが、実際に見ることができるのは、4月〜8月の間になります。
6月の夏至の前後1週間は、岩の中央から日の出が昇り、天気が良ければ、遠くに富士山を仰ぐことが出来るとのこと!
一生に一度は拝みたい感動の風景ですね!
その季節の早朝の境内は、多くの参拝者で大変賑わうそうです。
futamiokitama4.jpg

二見興玉人神社、夫婦岩を拝み、2泊3日のお伊勢参りは終了です。
昼食をとるため、お隣の二見プザラへ。
夫婦岩東参道は二見プラザへ直結しています。(我々は知らなかったので、国道を歩いて行きました、、)
二見プラザは、伊勢志摩特産名店街やお食事処があるショッピングモール。赤福本店で食べ損ねた赤福もちを、こちらで。出来立てを食べることができます。
futamipraza1.jpg

全国津々浦々で見かけるご当地キティちゃん。
昼食は、私カレーに、夫ラーメン。新鮮な魚介類に飽きたわけではありませんが、無性にこの手の食事が食べたくなり、、
futamipraza2.jpg futamipraza3.jpg


隣接する二見シーパラダイス。
futamipraza4.jpg

入場ゲート手前にあるトドプール。
間近で見るトド君の迫力に圧倒されました!
futamipraza5.jpg

プールに近づくと、グッと寄ってきます。その迫力たるや!
コワい!小さいお子さんは泣き出してしまうのでは?
futamipraza6.jpg

行きは近鉄でしたが、帰りはJR快速みえ。
kaisokumie7.jpg

帰りも貸切状態〜
新幹線乗り換えの名古屋駅で、夕食のお弁当購入。私は天むす、夫味噌カツ。
このたびのお伊勢参りは、行き(熱田蓬莱軒のひつまぶしの記事はこちら)も帰りも、うみゃ〜な名古屋メシで〆!
kaisokumie8.jpg nagoya_9.jpg


二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)
http://www.amigo2.ne.jp/~oki-tama/

〔お伊勢参り13〕賓日館&岩戸の塩

夫婦岩へ向かう途中、塩ようかんを購入後、まだあと2ヶ所寄り道します。
お次は「賓日館(ひんじつかん)」
hinjitukan1.jpg

歴代諸皇族、各界要人が数多く宿泊された賓日館。
伊勢神宮に参拝する賓客の休憩・宿泊施設として、神宮の崇敬団体・神苑会によって、明治20年に建設されました。
英照皇太后(明治天皇の母)のご宿泊に間に合うようにと、明治19年12月に着工、翌年2月19日に竣工。
2ヶ月という短期間での完成は驚きですね。
その後、明治末期〜大正初期、昭和初期2回の大増改築を重ね、現在の状態となったそうです。


階段親柱の「二見かえる」
ここでもカエルちゃんに遭遇。この蛙は、後で取り付けられたものではなく、親柱と同じ楠の一木に彫られているから驚き!
「二見かえる」は、縁起の良い「無事かえる(帰る)」との語呂合わせから、二見興玉神社祀神・猿田彦神社(記事はこちら)のお使いのように扱われ、二見のシンボルなのだそうです。
hinjitukan2.jpg

創建以来、歴代の皇族方がご休憩・ご宿泊された「御殿の間」。
御殿の間の天井は、二重格天井といって、格式を尊ぶ部屋に用いられる珍しい天井形式なのだそうです。
hinjitukan3.jpg

陛下がお座りになったという椅子。
眺めも格別!
hinjitukan4.jpg

桃山式の大広間へ移動。
hinjitukan5.jpg

大広間やその周りの廊下の随所に、輪島塗、屋久杉、吉野杉等、今では絶対入手できない建材・再現できない技術を見ることができます。
あまりにも広いので、シャドー相撲をしてしまいました、、
hinjitukan6.jpg

手入れの行き届いた庭園。
hinjitukan7.jpg

日本建築の様々な意匠にも興味津々で。
hinjitukan8.jpg hinjitukan9.jpg
hinjitukan12.jpg hinjitukan13.jpg


縁側っていいなぁ。
hinjitukan14.jpg

賓日館近くの岩戸館さんで「岩戸の塩」を購入。にがり1本サービスで頂きました。ありがとう!女将さん。
iwadosio2.jpg iwadosio1.jpg
賓日館(ひんじつかん)
http://www.hinjitsukan.com/index.html

〔お伊勢参り12〕 塩羊羹とカエルちゃん

二見浦の防波堤沿いを散策しながら、夫婦岩・二見興玉神社を目指します。
その途中、塩羊羹で有名な和菓子店「五十鈴勢語庵」へ立ち寄りました。
sioyokan1.jpg

勢語庵の塩ようかんに使用されるお塩は、職人さんが丹念に作り上げた「二見岩戸の塩」
町内には、古来から伊勢神宮に納める塩を作る御塩田があり、海水から採取した塩を使った塩ようかんは、二見町の特産品だそうです。
選された上質の小豆に、岩戸の塩を使い、余分な添加物を加えずじっくり練り上げた塩羊羹に期待大!
sioyokan2.jpg

試食させていただき、お土産に即決定!
お塩がほんのりきいていて、スッキリ上品な甘さ。
日本茶はもちろん、コーヒーにも合いそうです。


一口サイズの塩ようかんは、季節により梅や楓など形を変えるそう。
今の季節は何の形ですか?とお伺いしたら、わざわざ商品から一つ取り出して、見せてくれました。
こちらでお買い物をすると、陶器の小さなカエルちゃんのプレゼントを頂けるようです。
カエルは二見興玉神社の縁起物で、吸い込む習性が「幸福を吸い込む」の信仰を生み、また旅行者の「無事帰る」にもかけています。
頂いたカエルちゃんは、出ていった(使った)お金がカエルように、お財布に入れています(笑)
sioyokan3.jpg

日本茶・コーヒーばかりではく、焼酎、日本酒とも良くあうとのこと。
早速、帰宅後、旅の余韻に浸りつつ、コーヒーとともに頂きました。
sioyokan4.jpg

塩羊羹を購入の後は、賓日館へ向かいます!


手作り和菓子の勢語庵(五十鈴勢語庵)
http://www.hp-hcs.net/~seigoan/index.html

三重県伊勢市二見町茶屋大字江569-35
TEL:0596-42-1212

〔お伊勢参り11〕 伊勢志摩国立公園 名勝・二見浦

皇大神宮(内宮)別宮である月讀宮参拝を終え、近鉄・五十鈴川駅→宇治山田駅(近鉄からJR参宮線に乗り換え)→二見浦(ふたみのうら)駅下車。
海上に大小二つの岩が浮かぶ「夫婦岩」で有名。
その夫婦岩をモチーフにした駅舎。ガラス張りでモダン。
futamiura1.jpg

駅前の大きな鳥居。旅館街、海に向かって歩きます。
futamiura2.jpg

夫婦岩までは、徒歩20分くらい。
futamiura3.jpg

途中、重厚な日本家屋が点在。
宮大工さんに日本建築の粋を集めた家を建ててもらうという、果てしなく無謀な夢を持っています、、
futamiura4.jpg

西行(平安末期の歌人)の歌碑。
「浪越すと二見の松の見えつるは梢にかかる霞なりけり」
松にかかる春霞を見て、春の到来を喜ぶ気持ちを表した歌。
海岸沿いを歩くと、二見浦の風光を詠んだ歌碑がいくつかあります。二見をこよなく愛した西行は二見(安養山)に庵を結び、晩年の7年 間も滞在したそうです。
他には、西行の足跡を辿った松尾芭蕉や、松阪出身の国学者・本居宣長などの歌碑もあります。
futamiura5.jpg

暫し水平線を眺めて。
futamiura6.jpg

Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。