sakura_title1.jpg
京都・桜のシーズンにむけ、桜の名所をピックアップ!
(まだアップしていない記事あり)春の京都観光を予定されている方の参考になれば幸いです。


sakura_1.jpg円山公園 祇園しだれ桜
殿堂入り桜の名所ぴかぴか(新しい)
あまりに有名な円山公園の桜。ライトアップされた夜桜は、篝火に煙り、見飽きることのない幽玄な美しさ。必見!記事はこちら

sakura_2.jpg渉成園 枳殻邸(東本願寺別邸)
京都駅から程近い場所に約1万600坪の敷地を有する渉成園。桜並木は庭園のほぼ中央に位置する。桜の枝越しに見る京都タワーもなかなか。 記事はこちら

sakura_3.jpg醍醐寺
世界遺産・醍醐寺ぴかぴか(新しい)
秀吉も愛でた醍醐の桜は豪華絢爛な当時の花見を髣髴させます。地下鉄でアクセスできるようになったのもありがたい。 記事はこちら

sakura_4.jpg平野神社
桜の神社として有名。
さくらグッズもいろいろあります。絵馬も桜のかたち。 記事はこちら


sakura_5.jpg千本釈迦堂
国宝の本堂は応仁の乱でも焼失せず残った京洛最古の建造物。その前に佇む枝垂れ桜。おかめ桜と呼ばれるその由縁は? 記事はこちら


sakura_06.jpg嵐山
日本を代表する景勝地・嵐山。殊に春の桜、秋の紅葉時はいかにも京都らしい風景を求め観光客で賑わいます。 記事はこちら



sakura_7.jpg京都府立植物園
渉成園とともに京都の桜鑑賞地としてはまだ穴場かも。鮮やかなチューリップと淡い薄紅の桜。コントラストは一見の価値あり!?あわせて賀茂川沿いの半木(なからぎ)の道」も。
記事はこちら


sakura_8.jpg六角堂 六角桜
京都のへそ、池坊発祥の地にある洛中の桜。街中散策の途中に。錦市場でお買い物をしたら足をのばして。 記事はこちら

他には、哲学の道、平安神宮+岡崎疎水、松ヶ崎疎水(洛北高校近辺)、京都御所など。
autumn_title1.jpg

私の好きな京都紅葉名所ダイジェストです。
2013年京都紅葉速報はこちら!紅葉ピークは例年通り11月下旬でしょうか?
autumn1.jpg東福寺
殿堂入り紅葉スポットぴかぴか(新しい)渓谷を挟む起伏のある地形と、3つの橋廊がパーフェクトな眺望を作り出す。緋色一色、言葉にならない美しさ。記事はこちら



autumn2.jpg清水寺
世界遺産 清水寺。清水の舞台からライトアップされた境内と見渡す京都市街。夜間特別拝観は近くの高台寺もあわせてオススメ!
記事はこちら



autumn3.jpg真如堂
三重塔を背景に見事な楓が絵になる。吉田山〜真如堂〜金戒光明寺(イチョウが有名)は私のお決まりルート。
記事はこちら



autumn4.jpg大徳寺 高桐院
風情ある石畳、心静かに赤絨毯に座り眺める庭。近くの今宮神社もあわせて参拝。あぶり餅も忘れずに。
記事はこちら



autumn5.jpg詩仙堂
街路樹のイチョウも美しい北白川エリア。手入れの行き届いた庭、鹿おどしの音が心地良く響く。近燐の曼殊院、圓光寺もオススメ。
記事はこちら



autumn6.jpg源光庵
悟りの窓(丸)と迷いの窓(四角)。室内から見る窓のむこうは見飽きることがない。近くの光悦寺や常照寺もオススメ。
記事はこちら



autumn8.jpg光悦寺
本阿弥光悦をはじめ、江戸期を代表するデザイン集団の芸術創造の場。芸術的センスが磨かれるかも。
記事はこちら



autumn9.jpg圓通寺
徳川家康が学校として創建したお寺。秋のライトアップで人気注目度もアップ。モスグリーンを覆う深紅の絨毯が美しい。
記事はこちら



autumn10.jpg曼殊院
周囲の楓の連なりや、遠州好みの枯山水庭園など見所多くあり。鷺森神社の紅葉のトンネルからアクセス!
記事はこちら



〔お伊勢参り10〕 内宮別宮 月讀宮

お伊勢参りの旅3日目。
ホテルの送迎バスで鳥羽駅→五十鈴川駅へ。
皇大神宮(内宮)別宮である月讀宮(つきよみのみや)へ向かいます。
月讀宮は五十鈴川駅から南へ徒歩約10分(もう少しかかったかな)。
他のアクセス方法は、外宮・内宮循環バスで「中村」下車、北へ向かって徒歩約5分で参道入り口へ到着します。
n_tukiyomi1.jpg

月讀宮表参道の鳥居に到着!
半端ない森林浴♪
n_tukiyomi2.jpg

月讀宮には四宮あります。
・月讀宮(つきよみのみこと)
※2日目に訪れた外宮別宮月夜見宮(記事はこちら)と御同神です。
・月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや
・伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)
・伊佐奈弥宮(いざなみのみや)
月讀宮の御祭神、月讀尊(つきよみのみこと)は天照大御神(あまてらすおおみかみ)の弟神で、太陽神の天照大御神に対し、月神といわれてるそうです。
四宮のお参りの順番です。
n_tukiyomi3.jpg

お社が見えてきました。
神明造の社殿が4つ並んでおり、大きなお宮ではないのに、景色壮観。
n_tukiyomi4.jpg

奥(反対方向)からも撮影。
n_tukiyomi5.jpg

参道でお掃除されていたおばさん(腰には蚊取り線香)が「お参りになり、ありがとうございました」と声をかけて下さいました。
こちらこそありがとうございます。
n_tukiyomi6.jpg

月讀宮(つきよみのみや)
三重県伊勢市中村町742-1

〔お伊勢参り9〕 ホテル芭新萃

2日目の宿はホテル芭新萃(はなしんすい)
四方を森と海に囲まれた大変眺めのよいホテルです。 客室数がそう多くないのも私にはポイント高し。
hanashinsui1.jpg hanashinsui2.jpg
お部屋からの風景もロビーと同じで嬉しい。
館内には図書コーナーや酒蔵などありました。
hanashinsui3.jpg hanashinsui4.jpg
お風呂はプラン内にあった貸切の露天風呂へ。
目の前が漆黒の山肌。遠くに海。森はところどころライティングされていて、じっと見ていると天狗でも出るんじゃないか(笑)と思ってしまうほど、何だか神秘的。コワくなってそそくさと早風呂になってしまいました。


以下夕食です♪
hanashinsui5.jpg hanashinsui6.jpg
hanashinsui7.jpg hanashinsui8.jpg
hanashinsui9.jpg hanashinsui10.jpg
hanashinsui11.jpg hanashinsui12.jpg
カップルプランには、ワインや夜食?のケーキが付いていました。夕食でパンパンのお腹にイチゴショート追加。
昨晩あんなに食べたのに、朝はしっかり頂けてしまう。毎日食べたい旅館の朝食。
hanashinsui13.jpg hanashinsui14.jpg
ホテル芭新萃
http://www.hanashinsui.co.jp/
楽天トラベルのホテル芭新萃はこちら

〔お伊勢参り8〕 おはらい町&おかげ横丁

皇大神宮(内宮)の参拝を終え、おはらい町に戻り昼食!
おはらい町は先の記事にも書きましたが、風情ある街並み。
軒先の瓦に伊勢音頭の歌詞や、面白いモチーフの鬼瓦など、遊び心のある建物を見て歩くのも楽しい。
okage1.jpg

干物をじゃんじゃん試食させる威勢のいいおじさん。
美味しかった〜
okage2.jpg

おはらい町の一角にあるおかげ横丁。
伊勢の名物料理店や、御木本真珠店、お土産物屋さんがあります。名産味の館で試食したダシ醤油が美味しかったなぁ。(重いので買わず後悔)
okage3.jpg

漁師料理の店「海老丸」で昼食。
漁師汁(ご飯、漬物付)890円。旅館の夕食で充分、伊勢の新鮮な魚介類を堪能しているので、昼食は可愛く。
okage4.jpg

okage5.jpg okage6.jpg

〔お伊勢参り8〕 日本至高の神社 皇大神宮(内宮)

お伊勢参りの旅・最大の目的、皇大神宮(内宮)参拝ですぴかぴか(新しい)
内宮への入口・宇治橋を渡って、俗界から神域へ。
五十鈴川に架かる宇治橋は、全長約100m、檜造りの大きな橋です。
naiku1.jpg

宇治橋の両端の鳥居。内側の鳥居には、内宮の旧正殿の棟持柱が、外側は外宮のものが使われているそうです。
橋の中心は「神様の通り道」(なので、橋の真ん中は通らないのが、参拝者のマナーだそうです)とされ、冬至の日は橋の中心線上に太陽が昇るそうです。
古代人の知恵に感服。
naiku2.jpg

神苑。宇治橋を渡ると右に参道が続きます。
広大な境内。内宮の宮域は、5,500ヘクタール!
玉砂利を踏みしめながら、身が清められる思いです。
naiku3.jpg

神域の西側を流れる五十鈴川と御手洗場(みたらしば)。
美しく敷き詰められた石畳は、徳川綱吉の生母・桂昌院が寄進したもの。
昔から祓の場として知られています。参拝前にこちらで両手を洗いました。清々しい〜
(手水舎は御手洗場の手前、別にあります)
naiku4.jpg

内宮神楽殿授与所の向い側にある橋。 橋を渡ると、別宮・風日祈宮(かざひのみのみや)。
風の神様が祀られています。
橋からの緑の景色も素晴らしく。
naiku5.jpg

御正殿までの中間にある神楽殿。
御神札や御守りの授与はこちらで。
naiku6.jpg

いよいよ内宮の御正宮へ。
階段を上がっていくと、4重の垣に囲まれた一番奥の御正殿に、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。
御正殿は、外宮と同じく「唯一神明造り」と呼ばれる、日本最古・神宮のみの建築様式。
20年に一度、式年遷宮を行って、建て替えられながら、2,000年前と変わらない姿を守り続けています。
「何事のおはしますをばしらねども かたじけなさの涙こぼるる(西行法師)」の境地です。
naiku7.jpg

内宮正宮を降りて、参道を少し戻り、右に入ると、天照大御神の荒御魂(あらみたま)を祀った別宮「荒祭宮(あらまつりみや)」があります。
正宮から荒祭宮へ向かう途中の石段に「踏まぬ石」があります。
石の割れ目が天という字に見えるということですが、くれぐれも踏まないように、お気をつけ下さい。
naiku8.jpg

神道では、神様の御魂の穏やかな様子を「和御魂(にぎみたま)」と言い、格別にご神威に溢れた様子を「荒御魂」と言うそうです。
天照大御神の荒御魂をお祀りしているお宮と考えただけで、緊張〜
naiku9.jpg

naiku10.jpg

神楽殿へ戻って御守りを購入。
境内にはニワトリが沢山いました。人懐っこい?
式年遷宮の際、旧正殿に使われていた建築材は、鳥居などに再利用されていると書きましたが、その他にも利用されています。
例えば表札。参集殿(参拝者休憩所)で販売されていました。
家を購入することがあったら、表札はこちらで買う!
naiku11.jpg naiku12.jpg
内宮神楽殿では、御守りや金杯を購入しました。
紙袋がシンプルでモダンだな、と思ったので撮影、、、モノ好きです。
naiku13.jpg naiku14.jpg
皇大神宮(こうだいじんぐう)
三重県伊勢市宇治館町1
TEL:0596-24-1111

〔お伊勢参り7〕 伊勢神宮の門前町・おはらい町

「伊勢にゆきたい、伊勢路が見たい、せめて一生に一度でも」
と歌われ、江戸時代、熱狂的な参拝客を迎えた伊勢の人々。
内宮の門前にある「おはらい町」と、その一郭にある「おかげ横丁」では、伊勢の名物料理や、甘味処、お土産屋さんが軒を連ねます。


猿田彦神社からは歩いて、おはらい町を通り、皇大神宮(内宮)へ向かいます。
風情あるおはらい町↓
oharaicho1.jpg


おはらい町で300年近くお商売を続けている赤福。
伊勢名物の定番中の定番ですね。
江戸〜明治の街並みを再現した「おかげ横丁」は、1993年に赤福によって造られたもの。太っ腹〜
oharaicho2.jpg


銀行や郵便局もレトロ↓建築物観賞をしながら、そぞろ歩くのも楽しい。
oharaicho3.jpg oharaicho4.jpg
朝、しっかり旅館の朝ごはんで腹ごしらえしたので、昼食&おかげ横丁散策は、お参り後にします。
やっぱり、お食事はお参り後じゃないと〜
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。