sakura_title1.jpg
京都・桜のシーズンにむけ、桜の名所をピックアップ!
(まだアップしていない記事あり)春の京都観光を予定されている方の参考になれば幸いです。


sakura_1.jpg円山公園 祇園しだれ桜
殿堂入り桜の名所ぴかぴか(新しい)
あまりに有名な円山公園の桜。ライトアップされた夜桜は、篝火に煙り、見飽きることのない幽玄な美しさ。必見!記事はこちら

sakura_2.jpg渉成園 枳殻邸(東本願寺別邸)
京都駅から程近い場所に約1万600坪の敷地を有する渉成園。桜並木は庭園のほぼ中央に位置する。桜の枝越しに見る京都タワーもなかなか。 記事はこちら

sakura_3.jpg醍醐寺
世界遺産・醍醐寺ぴかぴか(新しい)
秀吉も愛でた醍醐の桜は豪華絢爛な当時の花見を髣髴させます。地下鉄でアクセスできるようになったのもありがたい。 記事はこちら

sakura_4.jpg平野神社
桜の神社として有名。
さくらグッズもいろいろあります。絵馬も桜のかたち。 記事はこちら


sakura_5.jpg千本釈迦堂
国宝の本堂は応仁の乱でも焼失せず残った京洛最古の建造物。その前に佇む枝垂れ桜。おかめ桜と呼ばれるその由縁は? 記事はこちら


sakura_06.jpg嵐山
日本を代表する景勝地・嵐山。殊に春の桜、秋の紅葉時はいかにも京都らしい風景を求め観光客で賑わいます。 記事はこちら



sakura_7.jpg京都府立植物園
渉成園とともに京都の桜鑑賞地としてはまだ穴場かも。鮮やかなチューリップと淡い薄紅の桜。コントラストは一見の価値あり!?あわせて賀茂川沿いの半木(なからぎ)の道」も。
記事はこちら


sakura_8.jpg六角堂 六角桜
京都のへそ、池坊発祥の地にある洛中の桜。街中散策の途中に。錦市場でお買い物をしたら足をのばして。 記事はこちら

他には、哲学の道、平安神宮+岡崎疎水、松ヶ崎疎水(洛北高校近辺)、京都御所など。
autumn_title1.jpg

私の好きな京都紅葉名所ダイジェストです。
2013年京都紅葉速報はこちら!紅葉ピークは例年通り11月下旬でしょうか?
autumn1.jpg東福寺
殿堂入り紅葉スポットぴかぴか(新しい)渓谷を挟む起伏のある地形と、3つの橋廊がパーフェクトな眺望を作り出す。緋色一色、言葉にならない美しさ。記事はこちら



autumn2.jpg清水寺
世界遺産 清水寺。清水の舞台からライトアップされた境内と見渡す京都市街。夜間特別拝観は近くの高台寺もあわせてオススメ!
記事はこちら



autumn3.jpg真如堂
三重塔を背景に見事な楓が絵になる。吉田山〜真如堂〜金戒光明寺(イチョウが有名)は私のお決まりルート。
記事はこちら



autumn4.jpg大徳寺 高桐院
風情ある石畳、心静かに赤絨毯に座り眺める庭。近くの今宮神社もあわせて参拝。あぶり餅も忘れずに。
記事はこちら



autumn5.jpg詩仙堂
街路樹のイチョウも美しい北白川エリア。手入れの行き届いた庭、鹿おどしの音が心地良く響く。近燐の曼殊院、圓光寺もオススメ。
記事はこちら



autumn6.jpg源光庵
悟りの窓(丸)と迷いの窓(四角)。室内から見る窓のむこうは見飽きることがない。近くの光悦寺や常照寺もオススメ。
記事はこちら



autumn8.jpg光悦寺
本阿弥光悦をはじめ、江戸期を代表するデザイン集団の芸術創造の場。芸術的センスが磨かれるかも。
記事はこちら



autumn9.jpg圓通寺
徳川家康が学校として創建したお寺。秋のライトアップで人気注目度もアップ。モスグリーンを覆う深紅の絨毯が美しい。
記事はこちら



autumn10.jpg曼殊院
周囲の楓の連なりや、遠州好みの枯山水庭園など見所多くあり。鷺森神社の紅葉のトンネルからアクセス!
記事はこちら



〔お伊勢参り6〕 「道開き」の神様 猿田彦神社

外宮(豊受大神宮)⇒外宮の別宮・月夜見宮をお参りし、いよいよ内宮(皇大神宮)へ!
その前に、内宮の手前にある「猿田彦神社」へ向かいます。


猿田彦神社のご祭神は猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)。
天孫降臨の際、道案内として伊勢の国からお迎えに来たといわれる「道開き」の神様です。


↓方角を刻んだ八角の石柱「方位石」
方位に関しても全国的に有名な神社だそうです。
sarutahiko1.jpg

境内にはもう一つ、「佐瑠女神社(さるめじんじゃ)」があります。
ご祭神は天宇受売命(あめのうずめのみこと)。
天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸に隠れてしまわれ、世界が暗闇になった時、岩戸の前で舞いを舞って、岩戸を開かせた女神で、芸能の始祖ともいわれる神様です。
そのため、小さなお社にも関わらず、多くの芸能関係者が参拝されるそうです。
sarutahiko2.jpg

猿田彦神社で参拝の際、とても不思議なことが起こりました。
本殿に近づくにつれ、鳥肌が立ち、体中ビビビときたのです。
語彙が貧弱で表現しづらいのですが、、、
本殿から離れると、体中のざわつきが落ち着いてきました。「ビビビときたッ!」と言う私に、半信半疑の夫でしたが、暑い最中の鳥肌に驚いていました。
偶然かと思い、また本殿へ近づくと、同じ現象。
不思議なことがあるものです。
道を切り開くご神徳に、少しでも触れられたような気がしました。


猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)
三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
TEL:0596-22-2554

〔お伊勢参り5〕 外宮別宮 月夜見宮

外宮から北へ徒歩10分、月夜見宮へ到着。
周囲は緑濃く、楠やケヤキなど多くの木々が神域をお守りしている雰囲気。


月夜見宮は、外宮の別宮で月夜見尊・月夜見尊の荒御魂をお祀りしています。御祭神の月夜見尊は、天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟神です。


tukiyomi_ge1.jpg



御正宮に向かって右手に大きな楠の木があります。
日々の罪汚れをお許しくださるよう、お祈りすると良いと「開運!神社めぐり」に書いてありました。
tukiyomi_ge2.jpg



社務所入り口のしつらえが素敵でパチリ。
tukiyomi_ge3.jpg



月夜見宮(つきよみのみや)
http://www.isejingu.or.jp/gegu/gegu1.htm

〔お伊勢参り4〕 豊受大神宮(外宮)、参拝

2日目スタート!
いよいよ八百万の神々の最高位を祀る、伊勢神宮参拝ですぴかぴか(新しい)


「伊勢神宮」とは実は通称。
皇大神宮(こうたいじんぐう、内宮=ないくう)と、豊受大神宮(とようけだいじんぐう、外宮=げくう)の2つの正宮を中心に、別宮など125社神社の総称なのです。


神宮参拝の順路は、まず外宮からというのが古来からの慣わしだそうで、それに則って外宮⇒内宮とお参りします。


旅館から鳥羽駅まで送っていただき、JR伊勢市駅から徒歩で10分ほどの外宮へ向かいます。
geku1.jpg geku2.jpg


伊勢市駅前の神宮参道(左下)。
大きな燈籠(ようこそ、お伊勢さんへ)が目印。
参道沿いの菊一文字本店(右下)。
高級刃物といえば「菊一文字」
京都の菊一文字の糸切りを使っていますが、伊勢と京都の店舗は商標が異なり、無関係とのことです。
geku3.jpg geku4.jpg


外宮到着!
外宮の御祭神は豊受大御神(トヨウケノオオミカミ)。
内宮の御祭神、天照大御神(アマテラスオオミカミ)の御饌(みけつ・神々に差し上げる召し上がりもの)を守護する神様であることから、衣食住・産業のいっさいを司る神様として崇拝されています。
お参りの際は、スケールの大きな神様ですので、お願い事も個人的なものではなく、日本経済の発展など、スケールの大きいものを、と何かで読みました(内宮も同じ)


geku5.jpg



表参道⇒衛士見張所の前を通って、火除橋(ひよけばし)を渡ります。 衛士の制服は警察官のそれとは、ちょっと違います。


一の鳥居が見えてきました。
手前にある手水舎(てみずしゃ)で身を清めます。


手水をとる作法を確認しておきましょう!
(1) 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲んで左手にかけ左手を清めます。
(2) 次に柄杓を左手に持ち替えて、同じように右手を清めます。
(3) 再び柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受けて口をすすぎます。
(4) 口をすすぎ終えたら、もう一度水を左手に流します。
(5) 最後に水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置きます。


geku6.jpg geku7.jpg

geku16.jpg←手水舎の向かいには、高さ10m、樹齢800年以上の楠の大木「清盛楠(きよもりぐす)」があります。
平安末期、平清盛が参拝に訪れたとき、冠に触れた枝を切らせたという逸話から、その名が付いたといわれています。


神楽殿(左下)の前を通り、外宮正宮(げくうしょうぐう、右下)へ。
外宮の中心で豊受大御神を祀る正宮は、四つの垣で囲まれています。
撮影禁止です。


geku8.jpg geku9.jpg


正宮の隣にある広大な敷地は20年に1度の「式年遷宮」、神様のお引越し先です。
正宮参拝を終え、別宮へ。


geku15.jpg geku10.jpg


風宮(かぜのみや)
 ・風の神を祀る。鎌倉時代の元寇の時、神風を吹かせ日本をお守りになった神として知られる。
土宮(つちのみや)
 ・宮域の地主の神を祀る。
多賀宮(たがのみや)
 ・豊受大御神の荒御魂を祀る。
※多賀宮へ向かう道端に、お地蔵さんに似た石があるので、踏まないように気をつけましょう!すぐ分かると思います。


大木が多く、厳かな空気が漂い、質素かつ重厚な格式が感じられます。
一つだけ黄色の実がなった大木を発見。
大木からパワー注入中あせあせ(飛び散る汗)
geku11.jpg geku12.jpg


神楽殿に戻り、お守りを購入。
外宮と内宮、どちらで購入しようか思案し、聞くと「外宮と内宮は対のような関係にあるので〜」とのこと。二つで一つということかな?


帰りは北御門鳥居を出ます。御厩に神馬ちゃんがいるかな〜と期待したのですが、いませんでした。トレーニング中とのこと。
geku13.jpg geku14.jpg


次は、外宮から徒歩くつで月夜見宮へ向かいます!


豊受大御神(とようけおおみかみ)
http://www.isejingu.or.jp/arukikata/geku-index.html


外宮マップ
(神宮司庁広報室作成、外宮の入り口にある衛士見張所と外宮神楽殿でも無料でお配りしています)
http://www.isejingu.or.jp/news/pdf/geku.pdf

〔お伊勢参り3〕 海辺の温泉宿・まるさん 海の幸満喫!

1日目の宿泊先、海辺の温泉宿 まるさん
口コミ情報(じゃらん)を頼りに予約したことは先述しましたが、 楽天トラベル・泊まって良かった!ホテル・旅館ランキング(三重県)で1位のお宿になっていたとは知りませんでした〜


では早速お楽しみの夕食をご紹介!
プリプリの伊勢海老のお造りに、ボリューム満点の舟盛り。
女将さん、2人前ですよね?と確認してしまいました。
残したくはないけど、明らかに食べきれない量、、と心配していたら(食べ物を残すことに罪悪感)、残ったら朝食に煮魚として出しますとのこと。安心しました♪
marusan1.jpg marusan2.jpg


伊勢海老は焼き物も付きます。カキフライに地魚の煮付け、佃煮も美味でご飯がすすみそう!
marusan3.jpg marusan4.jpg


アワビの鉄板焼き。食べられるのが嫌なのか、鉄板から逃げ出し、かなりビビリました、、
お酒はオススメの地ビール「神都ビール」
marusan5.jpg marusan6.jpg


巨大な朱塗りのお椀!名物の焼きガキです!!
熱々で香ばしくて美味しかった〜
1杯お代わりサービス付き。もちろんお代わりしました。
marusan7.jpg marusan8.jpg


自家製の梅酒も美味しくてお代わり。
デザートはマンゴーのジュレ。
黄桜のグラスはご愛嬌ですが、味は期待以上!
最後のデザートまで大満足!!
marusan9.jpg marusan10.jpg


1枚に写しきれない海の幸、アゲイン。
marusan11.jpg


夜は一層ひっそり穏やかな今浦湾。


朝食は昨晩の舟盛りのお魚が煮付けに。
魚の食べ方だけは本当にキレイと褒められます。小骨もバリバリ。
案の定食べすぎ(旅館の朝ごはんって罪だ〜)で、伊勢神宮・外宮へ向かいます!
marusan12.jpg marusan13.jpg

おっと、書き忘れるところでした。
この日の宿泊者は我々ともう一組のみということで、男湯・女湯をそれぞれに貸切にしていただきました。
広くはありませんが、清潔です。
そして特筆すべきは温泉のお湯。お肌に良く、しっとりスベスベになります。
「お肌が弱くて夜むずかる赤ちゃんも、この温泉のせいか、夜泣かなかった、と言うお客さんもいました」と女将さん。
お風呂もオススメの宿でした。

〔お伊勢参り2〕 名古屋⇒鳥羽・今浦、麻生の浦大橋からの眺望

くるり京都スピンアウト第3弾、お伊勢参り2泊3日の旅、2回目です。
前回の記事は、名古屋で途中下車し、熱田神宮や熱田蓬莱軒のひつまぶしを紹介しました。


今回は、近鉄電車で鳥羽に到着したところから、はじまります!
近鉄鳥羽駅と併設されている鳥羽一番館。
館内には新鮮な海産物をはじめお土産がギッシリ。


女性の願いをかなえてくれるという「鳥羽三女神・彦瀧大明神(河内町)、伊射波神社(安楽島町)、石神さま(相差町)の受付所があることでも有名。
toba1.jpg toba2.jpg


1日目の宿泊先、海辺の温泉宿 まるさん
口コミ情報(じゃらん)を頼りに予約しました。外観より中身重視!
楽天トラベル ・泊まって良かった!ホテル・旅館ランキング(三重県)で1位になっていたとは知らなかった〜
(ランキングのページはこちら)
天然温泉と、特筆すべきは夕食の伊勢海老・あわび・焼き牡蠣の桶盛り、舟盛りのお刺身など、次回記事にします♪


部屋からはのどかな今浦湾の風景と麻生の浦大橋。
toba3.jpg toba4.jpg


食事前に、旅館前の桟橋や、パールロード(シーサイドライン)の玄関口ともいえる浦大橋を散策。
toba5.jpg

橋の上からの眺望。静寂。
本当にノイズレスで、少し寂しさを覚えるくらい。


牡蠣養殖の棚場がある今浦湾に夕日。
いつまでも見ていたいこの景色に、心が洗われました〜
toba6.jpg
Copyright (C) 2007-2008 くるり京都 All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。